豆腐の定義

豆腐とは

豆腐とは

豆腐(とうふ)とは、大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり、その他)によって固めた加工食品。
大豆のたんぱく質をもっとも食べやすくした代表的な健康食品です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/豆腐 参照
http://www.tofu-as.com/tofu/index.html 参照
ダイエット効果・成分別分析
たんぱく質 筋肉を増やし、主成分アミノ酸が脂肪の燃焼を促進します
ビタミンB1 糖質のエネルギー化を進め体脂肪の減少にも役立ちます
ビタミンB2 脂肪のエネルギー消費させて体脂肪の消費を進めます
亜鉛/マグネシウム 新陳代謝の促進、筋肉増強などによって脂肪の燃焼を促進します
サポニン ブドウ糖の中性脂肪への合成を抑え脂肪細胞への蓄積を抑えます
豆腐にはダイエットにも効果があることがわかりますね。

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違い

絹ごし豆腐

gettyimages (56518)

豆乳と凝固剤を型箱の中で混合し、全体を均一に凝固させ、所定の大きさにカットし、水さらしをしたもの。
キメが細かく、なめらかな食感です。木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて固めて作ります。
http://www.tofu-as.com/tofu/variety.html 参照

木綿豆腐

gettyimages (56520)

豆乳に凝固剤を添加し、一度固めたものをくずしてから圧力をかけて水分をしぼり、再び固めて作ったもの。絹ごし豆腐に比べてキメがやや粗く、布目や型のあとが残る場合があります。
http://www.tofu-as.com/tofu/variety.html 参照

絹ごしvs木綿

gettyimages (56523)

「絹ごし豆腐」
水分が多いので木綿豆腐に比べるとたんぱく質は少ないが、ビタミンやカリウムが豊富です。100gあたりの糖質は1.7g。

「木綿豆腐」
水分を絞っているため栄養が凝縮されています。絹ごし豆腐よりタンパク質、カルシウム、ミネラルが豊富で絹ごし豆腐に比べると糖質は少ないのが特徴です。100gあたりの糖質は0.8g。
スーパーやコンビニなどで、いつでも簡単に買うことが出来る身近食材の豆腐。たんぱく質が豊富な優良食材の「豆腐」をもっと食卓に取り入れてみませんか?絹ごし・木綿それぞれの特性を生かした豆腐レシピと豆乳を使ったドレッシングレシピのご紹介です。

豆腐・豆乳レシピをピックアップ

冷や奴(やっこ)さんアラカルト 絹ごしor木綿はお好みで

薬味いっぱい・トッピングいっぱいの冷や奴(やっこ)をポ...

薬味いっぱい・トッピングいっぱいの冷や奴(やっこ)をポン酢やごまだれで食す

薬味は時間がある時に細かく刻んで保存容器に入れておくと便利ですね。
小葱・みょうが・大葉・おくら・ザーサイなどなど。

トッピングはなんでもOK!
キムチ・梅干し・おじゃこ・おかか・ひきわり納豆・トマトなどなど。

豆腐(木綿)の長芋グラタン 「 ホワイトソースのかわりに、長芋ソースでエネルギーダウン」

280 kcal /1人分ト。

280 kcal /1人分ト。

材料(2人分)
・木綿豆腐 1丁(350g)
・ほうれんそう 100g
・はんぺん 1/2枚
【A】
・長芋 100g
・マヨネーズ 大さじ1+1/2
・みそ 大さじ1/2
・かたくり粉 小さじ1
・削り節 1パック(3g)
・しょうゆ
・ごま油 小さじ1/2

つくり方
1 豆腐は1.5cm角のさいの目に切り、しょうゆ小さじ1/2をまぶす。新聞紙に紙タオルを重ねた上に広げ、10分間水きりする。ほうれんそうはゆでて水けを絞り、2cm長さに切る。
2 長芋ソースをつくる。ポリ袋にはんぺんを入れ、手でもんでつぶす。【A】を加え、すりこ木などでたたいて長芋を細かくする。
3 ほうれんそうを耐熱皿に入れ、しょうゆ・ごま油各小さじ1/2であえ、平らに広げる。
4  2のポリ袋の片隅を切り取り、ソースの1/3量をほうれんそうの上に絞り出す。1の豆腐をのせ、残りのソースをかける。削り節をふりかけ、オーブントースターで8~10分間焼く。
長芋とはんぺんでつくるコクのあるソースは、ポリ袋調理で簡単に!豆腐にしっかりと下味をつけるのがおいしさのポイント 
削り節は焦げやすいので、様子をみながら焼く。

落とし揚げがんも「外はカリッ、中はフワッのがんもどき。お豆腐(絹)さえあれば気軽につくれます。」

エネルギー /230 kcal  *1人分

エネルギー /230 kcal *1人分

材料(4人分)
・豆腐 (絹) 1丁(300g)
・鶏ひき肉 250g
・ひじき (乾) 大さじ2
・にんじん 1/3本
・かたくり粉 大さじ1+1/2
・塩 小さじ1/2
・揚げ油 適量
つくり方
1 ひじきは水に15分間つけて戻し、食べやすく切る。にんじんはみじん切りにする。豆腐は皿などでおもしをして、5分間おいて水けをきる。急ぐときは軽くふく程度でもよい。
2 ボウルに水けをきった豆腐、ひじき、鶏ひき肉、にんじん、かたくり粉大さじ1+1/2と塩小さじ1/2を入れてよく混ぜ合わせる。
3 揚げ油を170℃に熱し、2を20等分してスプーンですくいながら油の中に落とし入れ、きつね色になるまで揚げる。

ノンオイル マヨネーズ風「豆乳と酢を混ぜると自然にトロ~リ。低カロリーなので食べ過ぎた日にぴったりなドレッシング」

普通のマヨネーズなら約80kcal(大さじ1) →ノン...

普通のマヨネーズなら約80kcal(大さじ1) →ノンオイル マヨネーズ風なら7kcal(大さじ1)!!

材料(つくりやすい分量/でき上がり約125ml分)
・豆乳 (無調整) カップ1/2
・酢 大さじ2
・塩 小さじ1/6
・白こしょう 少々
つくり方
1 ボウルに豆乳を入れ、酢を加えて混ぜ合わせ、トロリとしたら、塩、白こしょうで味を調える。
【保存】冷蔵庫で2日間保存可。

ダイエットにも効果あり!の豆腐を毎日のメニューにもっともっと取り入れてみませんか?

関連する記事

【あさイチ】豆腐を食べよう!あなたは絹ごし派?木綿派?」に関連するキーワード

「【あさイチ】豆腐を食べよう!あなたは絹ごし派?木綿派?」のライター