外でゴハンもいいけれど・・・

istockphoto (46689)

お休みの日のランチやディナー。
外で食べるのもいいけれど、たまにはふたりでおうちゴハンも楽しいもの。
thinkstock (46688)

オトナ男子に「料理」は必須項目なのです。
thinkstock (46687)

「これはどうやって作るのかしらん?」と話題を振りながらおうちゴハンの約束を。

時間に余裕のあるお休みの日は、二人で買い出しも楽しい

gettyimages (46693)

何気ない日常にこそ、幸せを実感できるピースはあるもの。
gettyimages (46691)

彼の優しさを感じることができるのはこんなシーンかも。

食材はどこにでも売っている基本の材料で十分です

今回のレシピで使う食材をピックアップしました。

thinkstock (46701)

どれも基本的なものばかり。
冷蔵庫にストックがないものだけ買い出しを。

野菜はベーシックなものがあればOK!

thinkstock (46697)

新玉ねぎ(サラダ用)
小松菜
レタス
ベビーリーフ
ミニトマト
アボガド
きのこ類(エリンギ・生しいたけ・しめじ・えのき等、なんでもOK!)
レモン
にんにく
冷蔵庫の残り野菜(じゃがいも・大根などなど)

肉は鶏・豚・牛を少しずつセレクトして!

thinkstock (46702)

鶏肉は,手羽元or手羽中

豚肉は,スペアリブ用

牛肉は、ひき肉を用意して。

魚介は手軽に使える缶詰を利用

thinkstock (46744)

スーパーで常備の缶詰

卵・チーズやクラッカー・バケットも用意しましょう

thinkstock (46707)

今はスーパーにもたくさんの種類が置かれているチーズは彼と相談しながら選ぶのも楽しいでしょう。相性の良いクラッカーも忘れないで。
gettyimages (46706)

最強のお助け食材は切らさないで。

今回のレシピでは、この他、アンチョビ・生クリームも。
次回のためにもストックしておきたい食材です。

アンチョビはある程度の保存期間がありますし、生クリームは
小分けして冷凍保存もOKです。

すき焼き用のしらたき。
ストックがなければパスタの補充も。

材料が揃ったら、さっそくおうちでクッキングスタート!

thinkstock (46681)

同時進行すれば調理時間も半分で済みます。それぞれの役割分担を決めて共同作業を楽しみたいもの。
BGMも忘れずに♪

シンプルサラダ

大きな器にグリンの野菜だけを盛りつけます。

thinkstock (46711)

レタス・ベビーリーフを手でちぎって

トッピング素材は小さな器にそれぞれを盛りつけます

1 キノコ類はあらかじめオリーヴオイルでソテー(+塩+ブラックぺツパー)

2 卵(鶏卵orうずら卵)を茹でて、で半分にカット

4 ミニマトはヘタを取り半分にカット。

5 新玉ねぎは薄くスライスしてさっと塩でもみ水にさらす。辛みがなければそのままでもOK!

6 アボガド・レモンをカット

各自、取り皿を用意して

ドレッシングは好みのものを用意して。
なければ、オリーヴオイル+塩+レモン果汁・ブラックペッパー・パルメザンチーズなどをふりかけて。

それぞれが好きなトッピングを楽しんで。

シンプルスープ

thinkstock (46720)

冷蔵庫のすみっこに忘れられた野菜なんでもOK!
フードプロセッサーがあれば一気に粉砕。
なければ包丁で粗みじん切り。

じゃがいも・玉ねぎ・にんじん・キャベツ・残っていれば大根も。
とにかくなんでも刻んじゃう。

コンソメの素を投入して煮るだけなのにこんなにヘルシーで美味しい。
食べる直前にお好みで粉チーズ・ブラックペッパー。彩りにパセリのみじん切り(生がなければ乾燥たもの)を。

メインディッシュ A(鶏肉バージョン)

調味料はこれだけ?の唐揚げ

thinkstock (46722)

ガーリックパウダーと醤油ベースのタレに漬け込んで油で揚げるだけ。
調味料の配分はお好みで。
彼に味見をしてもらいながら調節してください。
料理はおしゃべりしながら楽しみながら♪

衣は小麦粉と片栗粉をハーフ&ハーフの割合で。

時間短縮したい時は手羽中でも美味しく出来ます。

メインディッシュ B(豚肉バージョン)

調味料はこれだけ?のスペアリブ

thinkstock (46725)

鍋にスペアリブ用の豚肉とニンニク片を入れ、調味液(オレンジジュース・醤油)を肉がかぶるくらい入れ、煮込みます。
煮込み時間は短時間でOK!
オレンジジュースの成分で肉は柔らかく仕上がります。
汁気がなくなり焦げやすくなるので要注意。
煮過ぎると、逆に硬くなるのでこちらも合わせて要注意!

こちらも調味液は彼に味見をしてもらいながら配分を決めてください。
アバウトに投入してもダイジョウブ!


「しょっぱいかも」と言われたらオレンジジュースを増量。

ちょっと煮詰めると調味液が絡まり、爽やかなスペアリブの完成です。
ニンニクもホクホクです。

メインディッシュ C(牛肉バージョン)

牛ひき肉で作る簡単すき焼き(料理研究家・松田美智子さんのレシピです)

牛挽き肉・しらたき・小松菜の牛すき

牛挽き肉・しらたき・小松菜の牛すき

え?!牛ひき肉ですき焼き?!
意外な感じですが旬の小松菜としらたきのシンプルなレシピ。

材料 4 人分
牛挽き肉(赤身)400 g
ごま油 大さじ 1 杯
しらたき 2 玉
塩 大さじ 1 杯
小松菜(根元を落とし、5cm長さに切る) 1 束
三温糖 大さじ 2〜3 杯
酒 60〜70 cc
しょうゆ 大さじ 2〜3 杯
薬味 卵黄 適量
粉山椒 適量
うどん(かるくゆでておく) 1 玉
卵白 適量
HOW TO COOK

しらたきは塩をふり、よくもみ合わせ、たっぷりの水から20分ゆでたあとに半分に切り、から炒りする。
すき焼き鍋にごま油をひいて火にかけ、挽き肉を置き、1cmの厚さになるようスパチュラ等で伸ばし、ふたをする。
肉の色が変わったら三温糖の半量を散らし、肉を一口大に箸などで割り、鍋の端に集める。
空いた部分にしらたきと小松菜を加え、残りの三温糖、酒、しょうゆを少なめに加え、火を通す。卵黄と粉山椒で食べる。
「挽き肉で簡単にできる、カジュアルすき焼き」とネーミングされたおしゃれ感満載のレシピです。

メインディッシュ D(魚介バージョン)

鮭のレモンクリームパスタ(栗原はるみさんのレシピ)

鮭のレモンクリームパスタ|レシピ|ゆとりの空間 (46741)

材料(1人分)
スパゲッティ…100g
鮭の水煮缶…小1缶(90g)
生クリーム…大さじ2
卵黄…1個分
アンチョビ…2切れ(4g)
塩…少々
ディル…適量
粗びきこしょう…適量
パルメザンチーズ…適量
レモン…適量
フライパンを使わず、ボウルで混ぜるだけの気楽さがうれしいパスタ。
クリームの濃厚さにレモンのさわやかさをプラスした味は、レストランの味にひけをとりません。

作り方
1  スパゲッティは袋の表示を参考に、塩少々を入れてゆでる。
2  スパゲッティをゆでている間に、鮭缶は缶から出し、汁気をきって皮や骨を取り除き、耐熱容器に入れて電子レンジで約30秒加熱して温める。
3  大きめのボウルに生クリームを入れ、卵黄を加えてよく混ぜる。さらに刻んだアンチョビを入れて混ぜる。
4  ゆで上がったスパゲッティはざるに上げて水気をよくきり、[3]のボウルに入れて手早くからめる。[2]の鮭も加えて軽くあえ、味を見て塩で調える。
5  器に盛り、ディルの葉先を摘んで散らす。パルメザンチーズをおろしかけ、粗びきこしょうを振り、レモンを絞りかける。

デザートはシンプルにフルーツで

gettyimages (46683)

デザートタイムは美味しいコーヒーも淹れてみて。

のんびりとした二人の時間をたのしんで♪

関連する記事

【あさイチ】超簡単・時短レシピ・彼とふたりでおうちゴハンを楽しもう!」に関連するキーワード

「【あさイチ】超簡単・時短レシピ・彼とふたりでおうちゴハンを楽しもう!」のライター