デビューしてから20年が過ぎた三浦春馬さんのキャリア

キラリ!輝く存在感

Haruma Miura 春馬三浦 on Instagram: “小さい🤓 I will try my best to be more active ❕Please forgive me if I do not post for a while! I will make sure to come back and share more…” (52308)

4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校に所属し、1997年、NHKの連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演。

同年にドラマ『14才の母』では、ヒロインの恋人役を演じ、注目を集めます。

2007年、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞で新人俳優賞受賞。

2008年、『ブラッディ・マンデイ』『ごくせん』と、どんどんとその知名度を上げてきた三浦春馬さん。

Wikipedia参照  https://ja.wikipedia.org/wiki/三浦春馬

年下男子の魅力を存分に魅せて、オトナ女子の心を掴んだ「ラストシンデレラ」

三浦春馬さんの思い

やめたいなと思ったことは何回もありました。

gettyimages (52293)

デビューしてから、常に脚光を浴びてきた三浦春馬さん。

その演技力は天性のもの?

その進路に悩むことなんて彼には無縁のものかと思いきや・・・
「実はある時期、しばらく俳優とは全く違う現場で、力仕事に携わったんです。それまではアルバイトをしたこともなかった。ありがたいことに若いころからいろいろな現場に行かせてもらっていたので、『僕は芝居一本でやっていく』っていう驕(おご)りのようなものがあったと思います」

俳優以外の仕事を経験したことが、一歩前へ踏み出すきっかけになった。

gettyimages (52299)

俳優以外の現場を自分の目で見て、自分の肉体で経験をしたことによって、この世の中には、さまざまな仕事があって、頑張っている人がたくさんいるということを実感したと仰る三浦春馬さん。

「世界は広いんだなと思ったし、以前よりもなんだか社交的になりました。昔は何考えているか分からない感じだったんじゃないかな……。取材でもこんなにしゃべれなかったし。スタッフさんとの距離も縮まったような気がします」

Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/feature/1091
海外進出が増え、日本の文化に対して、強い関心が芽生えたと仰る三浦春馬さん。

日本舞踊や殺陣(たて)のお稽古にも力を入れていらっしゃいます。

語学・日本文化への学びなどなど、スター・三浦春馬さんの魅力あふれる演技人としての元素は
天性の才能に加え、彼の日々の鍛錬によるものなのですね。

「絵」になるスター・三浦春馬さん

gettyimages (52300)

海外での立ち居振る舞いには日本を代表する若きスターの貫禄を感じます。

2017年、舞台『キンキーブーツ』

Instagram photo by BWミュージカル「キンキーブーツ」, 16 Nov 2018 at 3:04am, 2788 likes, 71 comments | InstaWidget (52309)

2016年日本初演のブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」

小池徹平さんとの ダブル主演であるこの舞台は、連日スタンディングオーベーション。

この作品で、三浦春馬さんは「第24回読売演劇大賞優秀男優賞」と「杉村春子賞」を受賞。

この大人気ミュージカルは来年(2019年)春、再上演が決定しています。

「罪と罰」

海外で板の上(舞台)に立ちたい

gettyimages (52306)

海外での仕事も増えている三浦春馬さん。

日中合作映画『真夜中の五分前』では1カ月の上海ロケを体験。

撮影前の2カ月間は中国語の特訓に集中されたそうです。

「発音にはめちゃくちゃ苦労しました。日本で習っていた先生が北京の方だったので、上海に行ったら発音が違ったんです。ようやく話せるようになっても、自分の中から生まれてこない言葉に感情を乗せ、演技するということは、想像以上に大変でした」

Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/feature/1091 より一部抜粋
いつかは「海外で板の上(舞台)に立ちたい」

ブロードウェイミュージカル『王様と私』に主演し2015年、トニー賞の主演男優賞にノミネートされた渡辺謙さん。
また、今夏のロンドン公演で共演された大沢たかおさんのように海外での大舞台が目標と三浦春馬さんは仰います。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1091 より一部抜粋
満面の笑顔を発見!

満面の笑顔を発見!

今、俳優という仕事がどんどん楽しくなってきています

「今、俳優という仕事がどんどん楽しくなってきています」 まっすぐ前を見つめ挑んでいく、清々しい決意

年齢を重ねて、今、俳優という仕事がどんどん楽しくなってきています。演じ方にもいろいろな方法がある、とか。おもしろい作品に恵まれているんですよ、ここ最近。僕は、映像も舞台もどちらも大事です。舞台大好き、ミュージカルも大好きです。だけど、30歳を超えて35歳、40歳になるに当たって、もっと自分が、そしてみんなが活躍できる舞台を、もう少し近いところで感じてほしい。若い子たちには、この舞台を観るためにバイト頑張った、とか、家族みんなであの舞台を観たよねっていう、思い出作りをもっと特別視してほしいという思いが個人的にあります。それが、もっともっと元気な演劇界につながっていけばいいな。そのひとつの歯車になりたいと思うからこそ、どんどんメディアにも出て、お客様を呼ばないと。だから僕は、ドラマにも映画にも出ます。今、やりたいことや目標がどんどん生まれて来ているので、それに向かってまい進して行きます。やったことのないもの、毛色の違うものなどに挑戦して行きたい。いい役者になりたいです。

28歳 俳優・三浦春馬さん。まだ隠された未知数の魅力に世界が注目しています。

関連する記事

【あさイチ】三浦春馬~引き込まれるその輝く瞳~」に関連するキーワード

「【あさイチ】三浦春馬~引き込まれるその輝く瞳~」のライター