23歳・女優・二階堂ふみとは

FUMI NIKAIDOU Official Web Site - 二階堂ふみ (47426)

二階堂ふみ (ニカイドウフミ)

1994年9月21日生 現在23歳

沖縄県出身

身長 157cm 血液型 O型

好きな食べ物 かぶ
 
http://www.nikaidoufumi.com/profile.html
12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビュー。
そのグラビアがマネージャーの目に留まり、沖縄にスカウトされ芸能界入り。
ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとしてファッション誌や広告へ出演。

2007年、テレビドラマ『受験の神様』で女優デビュー。
翌2008年、ケータイ音楽ドラマ『DOR@MO』の1編『キミに歌ったラブソング』では初主演。

2009年『ガマの油』では、ヒロイン役で劇場映画デビュー、「ポスト宮﨑あおい」として関係者の注目を集める。

以来、数多くの映画・ドラマ・CM等でご活躍。
私の男 インタビュー: 二階堂ふみ、熊切和嘉監督との出会いがもたらしたデビュー6年目の風格 画像3 - 映画.com (47437)

沖縄と東京を行き来しつつ仕事をしていた二階堂ふみさんは、高校進学を機に上京されましたが、高校3年生だった2012年から2013年にかけては複数の映画やテレビドラマの撮影で多忙を極めたことから、現役での大学受験を断念。撮影現場にも参考書を持ち込んで受験に備えると、2014年、一浪で慶應義塾大学総合政策学部にAO入試での合格を果たしました。
文字に表すのは簡単ですが、芸能活動をしながら、学生としての生活を維持するのは並大抵のことではないはず。
一浪してAO入学の準備をしたと語る二階堂ふみさんは、昨今珍しい?「ド根性」のある女子(ジョシ)なのです。

華々しい受賞歴

2012年度
第68回ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞<新人賞>(『ヒミズ』)

2014年度
第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『私の男』)
第6回 TAMA映画賞 最優秀女優賞(『私の男』)
第13回ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター・アワード(『私の男』)
第39回エランドール賞 新人賞
第24回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞(『私の男』『ほとりの朔子』)
gettyimages (47418)

レッドカーペットも堂々と。

      
gettyimages (47422)

もはや、彼女の演技力は誰もが認めるところ。

彼女の発言から見える「女優魂~プロ根性」

変な話、映画の現場って仕事だと思っていないので、これからもいい出会いを大切にしていきたいと思います。「よっしゃ、がんばるぞ!」って感じではなく、変わらずマイペースでやっていければいいなと思っています。
「映画の現場を仕事とは思っていない。」「自分のペースでやっていければいい。」

なんの違和感も迷いも気負いもない彼女のこのコメントは10代に発せられたもの。
ナチュラルな気構えで周囲を圧倒する様は、末恐ろしいくらいの一本筋の通った女優魂の現れなのです。
「撮影はいずれにしてもハードなので、流氷に入るのはどうだったのかとよく聞かれますが、命に危険がない程度の防御はしていますし、リアルだからこそ出せる雰囲気や迫力を大事にしたくて。他のシーンも寒かったけれど、それが気持ちよかったです。周りを見ても何もなくて白い雪だけの所もありましたし、そういう真っ白な世界だからこそ、2人だけのすごく小さな世界が映えるロケーションだったと思います。熊切組に自分の身を置くことができる幸せを感じていました」
厳寒の北海道・紋別。流氷の海に躊躇することなく、4回も飛び込んだという彼女。

うわべだけではない真の女優魂・ド根性ある二階堂ふみさんなのです。

どんどん魅力を増す彼女に恋の噂は尽きない

gettyimages (47417)

10代から堂々と「女優」として生きてきた彼女に、恋の噂は尽きません。

だけど、彼女には、どんな噂もどこ吹く風。
堂々とした応酬もまた「女優」たる所以。
二階堂ふみには、「恋」も「噂」も「女優」を形作るための必須材料なのです。

女優・二階堂ふみは、なぜこんなにモテるの?

GALLERY | FUMI NIKAIDOU Official Web Site - 二階堂ふみ (47448)

こんなポーズ・こんな表情に、男子(ダンシ」はドギマギするらしい。
gettyimages (47421)

体当たりの演技で過激な一面を見せる一方で、こんな純な笑顔を覗かせる彼女に心奪われる共演者も多いとか。
gettyimages (47420)

一見「フツーの女の子」。だけど気がつけば、この黒目がちな瞳に魅せられてしまう男子(ダンシ)達。
gettyimages (47413)

伏し目がちな「女子美(ジョシビ)」に、思わず手を差し伸べたくなる男子(ダンシ)達。
だけど、決して彼女は弱い女ではない。
そのギャップが男子(ダンシ)達をときめかせるらしいのです。

宮崎あおいさんに似ている?

いえいえ、今やその存在は全く別個のもの

gettyimages (47414)

その表情と堂々たる演技力。

女優VS女優
確固たる地位を築いている二階堂ふみさんなのです。

GUCCIも似合うオトナ女子(ジョシ)

gettyimages (47407)

大人の女性の仲間入りはファッションにも表れています。
「日本を離れた別の国で着物の魅力を伝えることができればと。また、カラフルなミケーレの世界観を目にして、真逆とも言える真っ黒の着物を身に付けたいと思い自らデザインしました。私はモデルではないので、自分自身を表現する一つのアイデンティティとして真っ黒の生地選びから、長めの袖、帯、裏地(胴裏)、前坪には赤を、履物は鼻緒の部分にグッチのスカーフ用いた畳表のぽっくり、手元には昆虫のモチーフをあしらったグッチの「オッティリア」バンブーハンドル バックを。まず目に飛び込んでくるのは真っ黒の着物なので、黒の質感と赤のアクセントにはとてもこだわりました。」

23歳・女優・二階堂ふみとは、肉体そのものが「女優」そして「生々しいまでの女子(ジョシ)

gettyimages (47409)

二階堂ふみとは・・・
様々な映画・ドラマで高い評価を得ている女優です。
常に学びを忘れない前向きな女性です。
自然体が魅力の少女とオトナの真ん中にいるような女子(ジョシ)です。
計り知れない魅力がこれからもどんどん引き出されていくであろう彼女の今後に目が離せません♪

関連する記事

【あさイチ】23歳・女優・二階堂ふみの魅力」に関連するキーワード

「【あさイチ】23歳・女優・二階堂ふみの魅力」のライター