髪の毛がまとまらなかったり、うねってしまう原因の一つに正しく髪を乾かしていないことが挙げられます。

シャンプーをした後の髪は濡れているので普段の状態よりも傷付きやすく、デリケートな状態です。

雑菌も繁殖しやすく、吹き出物や肌荒れなど頭皮のトラブルにも繋がりやすくなっています。
thinkstock (15086)

また充分に乾かさないと髪のキューティクルが開いたままになり、うねりや広がりの原因になります。
そのまま眠ってしまった場合には枕と髪が摩擦で傷んでしまうこともあり、さらに髪が傷ついてしまうのです。

髪質を左右するのは、ドライヤーでの乾かし方です。

ドライヤーでしっかり根元から毛先まで乾かすことで艶が生まれますが、正しい方法ではないと逆に髪を傷めてしまう原因にもなります。

まずドライヤーをする前には、タオルドライをして余分な水分を拭き取ります。

頭皮のトラブルが起こりやすい根元はしっかりと拭き取って、毛先は水分補給のためにも軽く拭き取る程度にします。
gettyimages (15099)

さらに櫛を使って根元の水分を取り、毛先に向かって水分が落ちるようにします。
髪は熱に弱い性質を持っているので、何もせずに乾かすだけでは水分不足になりパサついた髪になります。
gettyimages (15102)

パサつきや広がりを抑えるためにもドライヤーで乾かす前には洗い流さないタイプのトリートメントを使って、熱から髪を守るようにします。

ドライヤーは根元に当てるようにして、一ヶ所に留まらずに根元全体に風が当たるようにします。

さらに髪を持ち上げるようにして、根元をしっかり乾燥させます。

gettyimages (15120)

キューティクルは上から下に向かっているので、ドライヤーは上から当たるように気をつけてくださいね!

髪は熱に弱いので、出来るだけ短時間で終わらせるようにします。

gettyimages (15096)

根元を乾かすことで毛先にも風が行き渡るようになりますが、長時間熱を当て過ぎると髪質が変化してしまいます。

全体的に乾いてきたら、ヘアスタイルを整えます。

gettyimages (15109)

手で軽くまとめておいたり、櫛を使って髪型を作っておきます。
ある程度形が整っていると朝のセットが楽になりますが、完全に乾かした状態で整えると癖が付きにくくなるので完全に乾く一歩手前で整えるようにします。
最後に冷風を当てて、キューティクルを完全に閉じます。冷風も一ヶ所だけに当てるのではなく、均等に風が行き渡るようにします。

この手順と、最後の冷風のひと手間が艶髪に繋がります♡

関連する記事

ちょっとまって?!ドライヤーでの乾かし方で髪にダメージを与えているかも?!」に関連するキーワード

「ちょっとまって?!ドライヤーでの乾かし方で髪にダメージを与えているかも?!」のライター