目次

「色香(いろか)」ってなんだろう

dictionaryから広範囲に「色香(いろか)」の意...

dictionaryから広範囲に「色香(いろか)」の意味を拾ってみました。

・色と香り

・女のあでやかな顔と姿。女の色気

・顔立ちがよく魅力的な性質

・ 可愛気 , 愛らしさ , 美しさ , 魅力

・贅沢で甘美

・セクシーな眼差しにグラマラスなボディ

こんなコピーを見つけました

ある企業の柔軟剤のキャッチコピーです。

ある企業の柔軟剤のキャッチコピーです。

時に無防備で、時に艶やか。
それは、日本女性ならではの美しさ。

誰もが持つ、その両方の魅力を繊細に表現する日本の女性は、美しい。
それが、洗練された色香だと思う。
時として、魅せたい表情が違うように。

〇〇〇であなたらしい色香を楽しんで。

「色香(いろか)」とは、目には見えない、ほのかに香る女性の香り。言葉では表現できない繊細で奥ゆかしい「美」

松雪泰子さんから「色香(いろか)」を感じる瞬間

プロフィール

プレミアムトーク 松雪泰子|NHKあさイチ (46128)

1972年生まれ、現在45歳の松雪泰子さん。

▼91年「TBSの春の顔」となり、「熱血!新入社員宣言」で女優デビュー。93年、フジテレビ「白鳥麗子でございます!」に主演、はじけたお嬢様役が受けて大ブレーク。ほかにフジ「きらきらひかる」「太陽は沈まない」「救命病棟24時」など。CMにも多数出演。▼91年のデビュー曲「愛の世界」から歌手としても活動。

主演した映画『フラガール』では、第30回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞、第19回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞を受賞。

08年には『デトロイト・メタル・シティ』、『容疑者Xの献身』で
第32回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

主な出演作品にドラマ『Mother』(日本テレビ)、大河ドラマ『平清盛』(NHK)、
『家族狩り』(TBS)、『5人のジュンコ』(WOWOW) ,『グットパートナー 無敵の弁護士』 (EX)
映画『この空の花』(大林宣彦監督)、『脳男』(瀧本智行監督)『at Home』(蝶野博監督)
『古都』(Yuki Saito監督)、舞台『シダの群れ』(演出 岩松了)、『背信』(演出 長塚圭史)、
『キレイ~神様と待ち合わせした女~』(演出 松尾スズキ)、
『五右衛門VS轟天』(演出 いのうえひでのり)など。2006年、映画『フラガール』では、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など数々の賞に輝きました。
松雪泰子さん・公式HP、スポニチAnnexより抜粋

コメディなものからシリアスなもの。現代劇から時代劇まで、実に幅広くご活躍の松雪泰子さん

話題の舞台に出演する松雪泰子さん。その輝きの秘密とは? (46131)

数多くのドラマや映画・舞台にご出演されていらっしゃる松雪泰子さんですが、どのキャラクター・どのシーンを演じていらしても、そこには「いやらしくない色っぽさ」が漂います。

「私は男に生まれたかった」という彼女ですが、そのセリフの言い回しやしぐさには、どこを切り取っても表現できない「女」を感じてしまいます。
「私は男に生まれたかったですね。子を産み出すという体験ができたり、美しく装うことを楽しめるという点では、女性でよかったなと思いますが、ネリーも書いているように、女性のほうが“こうあらねば”ということが多くて大変だと思います。でも正直、個人的には、社会の見方とか、世の中の価値観とか、関係ないじゃん!と思っていたりします(笑)。

彼女の唇・そこから発する声・その物言いにも「色香(いろか)」を感じるという人は多いとか

何に価値を置くかは人それぞれだから、自分が生きる場所が自分にとって豊かなもので、そこに自分の真実があれば、それで十分。自分の人生の責任は、自分自身しか取れないのだから、ちゃんと自分が思うように生きるべきだなと、この年になってまた改めて感じますね。私自身の生きるスタンスを貫いて、最後まで生きて行きたいなと」

「色香」は「色気」とは違うの?

色々な資料を調べてみると「色気」と「色香」の大まかな違いは・・・

「色気」 自分で作り出せる「わざとらしい」要素も含む

「色香」 「わざとらしく」作れるものではなく、その人自身の内面から自然ににじみでる要素から成る

具体的には?

いやらしさを感じさせないのが「色香ある女子(ジョシ)」

下品なエロスを感じさせないのが「色香ある女子(ジョシ)」

派手なファッションを好まず適度な露出と適度に女性らしいシルエットをセンス良く表現できるのが「色香ある女子(ジョシ)」

通り過ぎた時にほのかにいい香りがするのが「色香ある女子(ジョシ)」

唇に「色香」を感じる男子(ダンシ)は多いらしい

thinkstock (46140)

何かを言いたげな・・何かを求めているような唇

ルージュカラーはナチュラルで艶やかに

髪の毛はストレートorふわっと揺れるスタイルに「色香」を感じる男子は多いらしい

gettyimages (46141)

吹く風に髪が揺れた時

思い切り体をのけぞらせた時

髪をかき上げた時

時にはこんなアップをするしぐさにも「色香」を感じるらしい

gettyimages (46153)

こんな時、男子は「爽やかな」「いやらしくない色香」を感じるらしい

食べる瞬間に「品性」は出るものです。クロワッサンを持つ指からも「色香」はにじみでるものなのです

グラスの持ち方にも「色香」が・・・

皆で乾杯する時にも「色香」はにじみでるもの

後ろ姿にも出る「色香」

thinkstock (46117)

後ろから呼んだ時の振り向き方にも「色香」が・・・

通り過ぎた瞬間に「せっけんの香り」が・・・

thinkstock (46110)

残り香という言葉があります

香りは大切な「色香を感じさせる要素」らしい

男子(ダンシ)が「色香」を感じるらしいオトナ女子の仕草

gettyimages (46113)

守ってあげたい

抱きしめたい
istockphoto (46115)

何かを楽しそうに見つめている

ほのかな「色香」
istockphoto (46116)

髪の毛を触る仕草からにじみでる「色香」

「色香」は自然に、内面から湧き出るもの。外見だけではなく内面からにじみ出る品性と謙虚さが醸し出すもの。

shibata06 | Gallery | Yasuko Matsuyuki Official Website (46163)

この何気ない視線

何気ない仕草

物憂げな雰囲気

一つ一つが「色香」を感じさせる松雪泰子さんなのでした。

関連する記事

【あさイチ】松雪泰子さんからオトナ女子の色香を学びたい」に関連するキーワード

「【あさイチ】松雪泰子さんからオトナ女子の色香を学びたい」のライター