太陽の下で育った夏野菜で夏の不調を吹き飛ばそう!!

thinkstock (7632)

ビタミンカラーで見た目にも元気をもらえる夏野菜は、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。

代表的な夏野菜には、キュウリやトマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、オクラ、カボチャなどが挙げられます。

★ むくみ解消にはぶら下がり野菜

暑い日が続くと冷たい飲み物ばかり飲んでしまい、身体が冷えたり、むくんでしまいますよね。
そんな時は水分代謝を促すカリウムを多く含む、キュウリやナス、トマトなどのぶらさがり野菜がオススメです。

★ 紫外線からのダメージに負けない身体、肌を保つのにオススメな野菜

夏場は、紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすい季節です。
抗酸化作用のあるトマトは内側からサビにくい身体作りにオススメです。
また、紫外線によるダメージ肌のケアにはβカロテンやビタミンC・Eなどが豊富なトマトやカボチャ、パプリカがオススメです。

★ 疲れた胃腸には腸内環境を整えてくれる野菜

ついつい冷たいものを口にしてしまう夏は胃腸も疲れ気味。そんな胃腸には、食物繊維が豊富なカボチャや 腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富なトウモロコシ、ネバネバ成分が胃の粘膜を保護してくれるオクラがオススメです。

★ 夏バテ予防にはクエン酸やビタミンCを多く含む野菜

夏バテ予防には、ビタミンCやクエン酸が豊富なゴーヤやししとう、また、疲労回復に効果的なムチンが多く含まれるオクラやモロヘイヤがオススメです。
夏野菜で夏の不調知らずですね♪

効能を最大限に引き出せる食べ方♪

せっかく旬の野菜を食べるのなら、美味しく、そして夏野菜のもつパワーをたくさんいただいちゃいましょう♪

キュウリは” 酢 ”と一緒に!

thinkstock (7649)

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれ、利尿作用が高いためむくみケアに効果的です。
しかし、ビタミンCを壊してしまう酵素が含まれています。
酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物で食べれば効率よくビタミンCも取れます!

トマトはオリーブオイルと一緒に!

gettyimages (7646)

トマトには、抗酸化作用のあるリコピンやビタミンAとCがたっぷり。
そして、ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できるので、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。
トマトには、抗酸化作用のあるリコピンやビタミンAとCがたっぷり。
そして、ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できるので、ビタミンEが豊富なオリーブオイルを使って調理するのがベストです。
夏場は、紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすい季節です。抗酸化作用のある野菜をとって内側からサビにくい身体作りに働きかけます。

ピーマンは炒めて食べましょう!

gettyimages (7652)

ピーマンには、メラニン色素の沈着を防ぎ、健やかな肌を保つためのビタミンCや皮膚や粘膜を健やかに保ち、ウィルスから身体を守り夏風邪にも効果的なビタミンAが多く含まれています。
また、ビタミンAは油と一緒にとることで、吸収率が高まる栄養素です。
通常調理によって壊れやすいビタミンもピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒めて食べられます。

オクラやモロヘイヤは なるべく60℃以下で!

gettyimages (7660)

夏バテの疲労回復に効果的な オクラやモロヘイヤの働きは、60℃で加熱すると弱まってしまいます。なので、サラダなど、なるべく生のまま食べるのがオススメです。
旬の夏野菜を食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう♪

関連する記事

夏野菜で 目指せ インナービューティー !!」に関連するキーワード

「夏野菜で 目指せ インナービューティー !!」のライター