目次

ダイエットに励んで、痩せられたと思ってもすぐに太ってしまう人がたくさんいます。。。

この手の人は太り癖がついているため、美容のために頑張ってもすぐに失敗してしまう特徴があります。

ダイエットに成功するには美容を保てる人が持っている綺麗の秘訣を真似することが大切です。

第一に、太り癖がつく悪い習慣を自覚することが重要です!!

癖がついている人によく見られるのが、あまり食べていないのに太ってしまうという意見です。

ですが、本当に食べていないなら太ることなどありません。

gettyimages (49918)

食べていないと考えていても、実際には毎日の習慣で太りやすいものを食べている可能性があります。

よくあるのが、低カロリーのイメージがある食品をつい食べすぎてしまうことです。

gettyimages (49933)

ヨーグルトやグラノーラなど、一見するとヘルシーで低カロリーなイメージのある食品がありますが、これらにも糖質や脂質などが含まれており、カロリーが存在します。

ヘルシーなものでも甘い味付けに仕上げた食品をたくさん食べていれば、摂取カロリーが増えて太りやすい状態になります。

知らないうちに食べてしまっている人は綺麗の秘訣として毎日食べているものをリストアップするのがおすすめです!!

朝起きてから夜寝るまでの間に何を食べているか、書いてみます!

gettyimages (49937)

それをみると、仕事の合間にチョコレートを食べる、いつも食事と一緒に甘いカフェオレやコーヒーなどを飲んでいないかチェックします。

これらを低カロリーのものに切り替えたり、飲み物ならノンカロリーのお茶やブラックコーヒーに切り替えるなどすれば、摂取カロリーが減らせて太りにくくなります。

実はカロリーばかりを気にして食べる習慣が、場合によっては悪影響になるときがあります。

gettyimages (49956)

ご飯一杯分よりもお菓子のほうが低カロリーだからといってそれだけで済ませていると、栄養バランスが偏ってすぐに空腹感を感じて食べ物が欲しくなる、健康を損ねてダイエットが続かなくなるなどのトラブルが発生します。

綺麗の秘訣は摂取カロリーを増やしすぎないように意識しつつも、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。

お菓子を例にしていますが、きちんと栄養価の高い食事を毎日とっていても太り癖が身についてしまう危険があります。

gettyimages (49934)

ヘルシーだからと野菜ばかりを食べていると、体を冷やす恐れがあります。

トマトやキュウリ、セロリやナスなどを食べすぎると体が冷えて代謝が下がり、脂肪がつきやすくなります。

逆にニンジンやピーマン、生姜や山芋、豆類などは体を温めてくれるため、代謝を高めてくれます。

肉を食べると太るからと避けるのは悪い習慣です×

肉には良質なタンパク質が含まれており、筋肉を作るのに欠かせない存在です。

gettyimages (49964)

また、肉は腹持ちが良いため、食べ過ぎを防ぐメリットがあります。

ご飯や麺類などの炭水化物に偏った食習慣は太り癖の原因になります。

炭水化物は糖質ですので、こればかりたくさん食べていると太ります。

肉や野菜などを取り入れて、食べすぎないことが美容における綺麗の秘訣です。

gettyimages (49911)

短期間で結果を出そうとせず、継続をする事も秘訣となります!

是非、自分の太り癖を見つけて、減らした生活できるよう心がけてみてくださいね!

関連する記事

太りグセは毎日の習慣が原因です! 太り癖 のよくない習慣とは!?」に関連するキーワード

「太りグセは毎日の習慣が原因です! 太り癖 のよくない習慣とは!?」のライター