目次

今の時代は美容や健康に対して高い意識を持つ人が増えており、ヘアメイクや肌、ファッションなど様々な点に気を使っている女性が多いですよね!!

しかしその中でも見落としてしまいがちなポイントとなっているのが、かかとではないでしょうか。

gettyimages (50100)

普段は見えないところだからこそ、女子力が試されるポイントであり、女子力が高い女性はかかとケアにも力を入れており、隅々まで美しくキープしています。

綺麗の秘密として、かかとまで自信を持っているかどうかには、大きな違いがあるのではないでしょうか。

ちょっと待って!気付かずに間違ったケアをしていませんか?!

かかとのケアとして、角質を取るために削るという方法もありますが、無理やり削るとより角質が分厚くなっていってしまい、綺麗なかかとを手にすることができません。

まずは、保湿をしっかりとして潤いをもたせていくことが大切になってくるのではないでしょうか。

gettyimages (50121)

クリームやジェルなど、かかとのケアに効果で書かなアイテムは、今の時代ではかなり豊富に販売されていますが、、、

かかと専用のものでなくても、普段はフェイスケアに使っている保湿のクリームなどを使うだけでもかなり大きな違いが生まれることになり、綺麗なかかとに近づけていくことができます。

gettyimages (50104)

日頃目につきにくい場所ということか、ケアを怠ってしまいがちですが、放置しておくと固くなりぱっくり割れて出血して痛みで歩けなくなってしまったり、ストッキングの伝線につながったりと、様々なリスクがあるので、重症化してしまう前に早めにケアをすることが大切です!

毎日ケアすることで綺麗なかかとを手にすることができるようになります。

毎日全体重がかかる部位だからこそ、日々の刺激による負担を少しでも減らすということも重要になってきます。

gettyimages (50113)

ひどくなってから治すのではなく。

ひどくならないように予防しておくことが最も早い改善の方法といえるのではないでしょうか。

硬い靴やサイズ、形のあっていない靴を履くと、衝撃や摩擦が過度になってしまうので、クッション性のある靴を選ぶようにし、サイズや形も足に合っているものを選びましょう。

gettyimages (50108)

近年では、かかとケアのための靴下も売られているので、それを着用すれば知らない間にケアすることごできます。

溜まった古い角質を取ることも大切であり、取る方法としては、昔ながらのヤスリで削るという方法をはじめとし、スクラブで磨いたり薬剤で剥がすという方法もあります。

gettyimages (50131)

どの方法もやり方を間違えてしまうと、より角質を厚くしてしまう可能性があるというのはもちろんのこと、よきせぬ肌トラブルにもなりかねないので気をつけなくてさなりません。

どの方法も、やり方を正しく行うということと、頻度にも気をつけるようにしましょう!!

保湿などは毎日行うことが大切です!

gettyimages (50120)

角質を取り除くためにヤスリで削ったりスクラブで磨く、薬剤で剥がすという方法は、肌への刺激もかなり強くなるので、頻度に気をつけるなど忘れないようにし、正しくかかとのケアをしていくようにしましょう。

関連する記事

忘れがちなスキンケア!!かかとのお手入れ 大丈夫ですか?」に関連するキーワード

「忘れがちなスキンケア!!かかとのお手入れ 大丈夫ですか?」のライター