目次

夏ならではのトラブル肌にお悩みではありませんか?!

美肌を維持するためには、自分の肌質をきちんと理解して肌質にあったスキンケアやメイクを行うことがとても重要になってきます。

gettyimages (50454)

特に普段メイクを行なってもすぐに肌がテカってしまい、メイク崩れをこまめに直しているという方の多くは、自分自身が脂性肌だと勘違いしている可能性が高いです。

しかし肌のテカリが起こりやすいのは肌の潤いが不足してしまっていることで、皮膚が肌を潤そうとして通常よりも過剰に皮脂を分泌してしまう特徴をもっているからです。

gettyimages (50458)

そのことから皮脂分泌が特に多いとされるTゾーンを中心にはメイク崩れが起こりやすくなる傾向にあります。
gettyimages (50456)

しかし注意しなくてはいけない点が、Tゾーンは皮脂で皮膚が潤っていても、毛穴が少ないとされる頬や顎は皮脂が分泌されないことによって皮膚が乾燥したままになってしまう恐れが出てきます。

そのことから部分的に脂性肌、乾燥肌があるという肌質を混合肌と呼んでいます。

特に年齢を重ねた女性にこの混合肌の方が増えてきており、特に夏場になるとこの肌質になりやすくなると言われています。

じつは混合肌は夏のトラブル肌としても有名になっており、適切なスキンケアやメイク用品を利用しないと、肌質が悪化してしまう恐れが出てきます。

その理由の一つが長時間エアコンの効いている室内にいることが増えるためです。

夏の季節は場所によっては、気温や湿度が一気に上がりやすくなります。

そうなると室温を調整するためにも、エアコンを使用する機会が増えます。

特に仕事をされている社会人の方などは、エアコンで室内の温度がかなり低くなっている部屋で、長時間仕事をしていることも多いのです。

gettyimages (50476)

エアコンは室温を効率よく下げることが出来ますが、室内の湿度も下げてしまう特徴を持っているため、どうしてもエアコンの効いている部屋にいると肌が乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥は肌ダメージの一つでもあるので、自宅に帰ったらできるだけ保湿に特化した美容ケアを行うようにすることをおすすめします。

混合肌の方にとってまず肌質改善を行うためには念入りなスキンケアを心がけるようにしましょう!

gettyimages (50479)

特に肌の乾燥が気になる場合や、肌のゴワつき、ヒリつきなどを感じる場合は肌が刺激を受けやすくなり、外部からの刺激から肌を守るバリア機能が壊れかけている可能性が高いです。

そこで導入美容液を洗顔後に肌になじませてから、化粧水を使用するようにすると、通常よりも保湿成分が肌に浸透しやすくなるのでおすすめです。

普段の化粧水の潤いが肌にきちんと浸透していかない感覚がある方は、導入液を利用するだけで劇的に肌質が改善します。

gettyimages (50480)

化粧水を利用する場合も無理にゴシゴシ肌にこすりつけるのではなく、手のひらで顔全体を覆うように優しくハンドプレスを行うことがポイントです。
gettyimages (50481)

後は潤いを逃さないように乳液やクリームで潤いに蓋をして完了です。

メイクをする際には、肌に潤いを与えて美肌ケアが行えるリキッドファンデーションの利用がおすすめになっています。

関連する記事

夏のトラブル混合肌・・・?!」に関連するキーワード

「夏のトラブル混合肌・・・?!」のライター