目次

梅雨の時期はとにかく湿気が多く、煩わしい時期になりますよね。。。

gettyimages (48280)

特に六月中旬から七月の初めごろにかけては毎日のように雨が降り草木が成長するとともに部屋のカビも成長していきます。

人間の体は飛散しているカビを吸収してしまうと肺炎などになる可能性がありますので、注意をしなければならないところです。

gettyimages (48282)

もちろんその可能性は決して高くありませんが、免疫力のない小さな子供の場合には実際にカビが原因で肺炎になることも少なくありません。

そこで、生活をするうえでいかにカビを早さないようなお掃除をするかが重要です。

お掃除のコツはいくつかりますが、その中で水回りは非常に重要なところです。

水回りの中でも代表的なところはお風呂場になりますがお風呂場は特に失敬が常にある以上換気扇などを対応して湿度を減らしておく必要が出てくるでしょう。

gettyimages (48287)

湿度を減らすためには、単に換気扇をかけるだけではなく濃度などがあれば開けておく必要があります。
gettyimages (48286)

カビ対策や湿気対策の一番の肝心なことは常に空気を入れ替えることになります。換気扇をする場合には、夜お風呂にはいってから朝方まで回しておくのがよいでしょう。

朝方になったら、換気扇をとめても構いませんがドアぐらいは開けておく必要があるでしょう。

また、非常に地味な方法ですが、積極的にお風呂掃除をすることも重要です。

カビは単細胞になりますので、次から次へと繁殖していき知らない間に真っ黒になっていることも少なくないです。

そこで、最初の段階でカビをなくしていくためには、確実にカビを消滅させる薬などが必要になるでしょう。

gettyimages (48292)

薬局などに売っているスプレーならば、時間の経過とともに消滅していくのは間違いないところです。

ただ、あまりたくさん使い過ぎるとアレルギーを持っている子供の肌には良くありません。

肌をかきむしってしまったり赤く湿疹ができる可能性がありますので、スプレーを利用した場合には確実にきれいになるまで落とすことが重要です。

また、化学製品が嫌ならば、酢と重曹を用いてなくす方法もあります。

お酢の役割は、その殺菌力にあります。

gettyimages (48301)

においも強烈ですが、その分殺菌力にすぐれておりこれをまくことでカビを弱めてくれる可能性が高いです。

お酢を利用する場合はスプレーを用いてその中にいるのが一番楽な方法です。

gettyimages (48303)

スプレーで一通りカビが発生しそうなところやすでにカビが発生しているところにまいたならば、その上から重曹の粉をかけるようにします。

壁といっても床などの場合には上から降りかけるだけでよいですが、通常は地面に対して垂直になっていますのでふりかけるといっても限界があります。

この場合には、掌に持ってこすりつけるようにする必要があるでしょう。

gettyimages (48304)

ただあまりお酢の量が多くなってしまうと、今度はすぐに流れおちてしまいますので注意をしなければなりません。
gettyimages (48279)

重曹をまいた上からさらにスプレーをまいていきそのまま2時間ほど経過するまでお茶でも飲んで待ちます。

最後にスポンジでこすると、きれいにカビが落ちているでしょう。

関連する記事

梅雨時の水回りお掃除ポイント!!」に関連するキーワード

「梅雨時の水回りお掃除ポイント!!」のライター