目次

新生活をする場合には、非常に掃除が大事になります!!

今まで家に住んでいたときには家の人がやってくれたかもしれませんが、今度は100パーセント自分で行わなければならなくなります。

thinkstock (46071)

一人暮らしの場合は、いろいろと忙しいため掃除をする時間がないことも少なくないでしょう。

このような場合には、生活自体がすさんでしまう可能性が考えられます。

そこで、定期的に掃除をする必要がありますが、部屋の掃除が特に問題ないとしても布団の手入れはなかなか自分では難しい部分があります。

thinkstock (46070)

普段から布団の手入れをしていなくてもそれほど問題はありませんが、あまりにも放置しておくと、布団がダメになってしまう可能性が出てくるでしょう。

少なくとも、寿命の短い布団になってしまう可能性が高いです。

太陽の力を借りて布団を清潔に!!

thinkstock (46069)

そこで、どのように手入れをしたらよいか知っておくことが重要になります!!

まず、忙しいかもしれませんが太陽が出ている場合には、天日干しする必要があります!

istockphoto (46077)

ただ、春先などは花粉が飛んでいますので、外に干してしまうと花粉が原因で眠れなくなってしまうことも少なくありません。

この場合にはベランダには出さず窓を閉めた状態で光がはいってくるところに布団を置いておきましょう。

gettyimages (46079)

窓を挟んだとしても、それなりに効果があります。

一昔前は、干した後、布団たたきをしていましたが、最近は布団たたきを行う人がめっきり減ってしまいました。

gettyimages (46081)

場所などは外で布団を叩いてはいけない決まりがありますが、一戸建て住宅やとくに決まりがない場合は問題ないでしょう。

布団をたたく場合には、あまり強くやり過ぎると中のわたが出てきてしまいますのでやさしく行うようにしましょう。

次に、シーツやカバーを定期的に洗うことも重要になります。

これらは、一見汚れていなさそうですが、よく見るとかなり汚れている可能性が高くなります。

thinkstock (46073)

特に枕の部分に関しては布団の中で一番汚れているといわれていますので、1週間に一度は洗った方がよいです。

それが無理ならば十日に一度でもよいのであらうようにしましょう。

布団の丸洗いですが、大型の洗濯機を持っていれば行うことができます!!

ただ独り暮らしの場合には、大型の洗濯機を持っている人は少ないですので、この場合にはコインランドリーにもっていき洗う必要があります。

gettyimages (46087)

自動車など持っていない場合には、専門店では布団を取りに来てくれて洗ってくれますので、年に数回は行うとよいでしょう。

もちろんどのような布団の使い方をしたかや頻繁に汗をかいているかどうかなどを考えると、人によって洗う頻度は変わってくるところです。

夏の間は、湿度が高がありますので除湿をする必要があります!

除湿をしないと、布団の裏にカビが生えてくることがあり、このカビは一度履いてしまうとなかなか取ることができません。

thinkstock (46093)

湿度は、50パーセントから60%ぐらいまでであればそれほど問題ありませんが、70パーセントを超えてしまうようだといよいよカビが生える前兆です。

定期的に布団も洗濯やお掃除をして快適な睡眠のとれる環境を整えたい物ですね♡

関連する記事

お布団の掃除、どれくらいの頻度でやったらいいの? 新生活に向けて布団丸洗い方教えます!!」に関連するキーワード

「お布団の掃除、どれくらいの頻度でやったらいいの? 新生活に向けて布団丸洗い方教えます!!」のライター