目次

きちんと湯船につかって入浴していますか?!

お風呂における入浴と言えば、日本人が大好きな習慣の一つですが、入浴は美容・ストレス解消・体質改善・気分のリセットといった数多くのメリットがある事から、毎日継続して行いたいものです。

入浴の際に気をつけたい事!!

秋から春にかけての寒暖差が激しくなる時期の脱衣は、ヒートショックと呼ばれる現象に注意しなければなりません。

gettyimages (43663)

入浴行為を生活の大切な一つとしている方の場合は、脱衣から体を労る事が大切となっております。

ヒートショックは、温かい部屋や脱衣所で服を着ている状態から浴室に向かう際に起こる事が多い体への異変(血圧の急変で心臓等に負担が掛かる)です。

気温の変化の激しい今の季節には特に気をつける必要があります。

gettyimages (43662)

浴室に行く際は入浴前に浴室の蓋を開ける・温かいシャワーで浴室を温めておく・脱衣場にストーブ等を設置して温めておくと体調の急変を起こす可能性が低くなるので、毎回の習慣にしておきましょう。

体に温水を当てる際も、急に大量のお湯を掛けると心臓への負担になってしまう恐れがある事から、手で少しずつ掛けていってお湯の温度に慣れる事が大切です。

頭や体の洗い方にもポイントがあるのをご存知ですか??

洗髪に関しては、お湯でしっかりとほこり・皮脂を取り除いてからシャンプーを使うと泡立ちが良くなって汚れが落ちるのでしっかりと流してからシャンプーを始めましょう!

istockphoto (43673)

時間を掛けて指の腹でマッサージをしながら洗って行きましょう。

リンスやコンディショナーを使う場合は、すすぎに十分な時間を使う事が大切です!

gettyimages (43679)

リンス等が頭皮に残っているとかゆみの原因になるので、1分前後はすすぎを行って髪を大切に維持して下さい。

肌トラブルを抱えている場合は、スポンジや専用タオルを使うのではなく、素手を使ってさするような洗い方を習慣にしましょう。

thinkstock (43660)

頭部分以外の肌は、洗浄力の強いボディソープを使うと乾燥肌・かゆみの原因になってしまう可能性もある事から、自分に合った商品を使うと毎日ストレスの無い生活を送れるようになります。

なお、皮脂や汚れの溜まりやすい耳の裏・鼻周り・口周りについては、加齢臭が発生しやすくなるので、しっかり洗って綺麗にしておく事が大切です。

入浴中にも綺麗に繋がる秘訣があります♡

洗髪・肌の洗浄が終わった後は入浴となりますが、温度を機械でコントロールできるボイラーを使っている場合は、40度を維持しておく事がおすすめです!

gettyimages (43668)

(夏は適度に下げて調節を図ってくださいね)

40度は体の疲れを取るだけではなく、適度に汗をかいたり疲れを取るために最適な温度となっています。

gettyimages (43655)

冬から春にかけては長時間入浴して体を温めておきたいのが人間の本心ですが、10分を目途にしておかないとのぼせたり脱水症状が起きてしまう可能性があるので、ほんのり汗をかいておく程度の入浴に留めておきましょう。
gettyimages (43666)

なお、冬であっても熱中症に近い状態になる事も有り得ることから、適度に水分を摂取して入浴に臨んで下さい。

入浴剤で入浴を更なるリフレッシュタイムに・・・♡

好みの香りに包まれた癒しの空間でリラックス!

好みの香りに包まれた癒しの空間でリラックス!

お風呂に入る際の大切なお供と言えば、入浴剤のイメージが付いていて多くの人が愛用しており、様々なジャンルの商品が売られています。

thinkstock (43669)

入浴剤は、薬効成分や炭酸等が配合されていて、体温維持や健康増進効果が見込まれていますので、自分に合った商品を選んで楽しくストレス解消や美容に努めましょう。

関連する記事

お風呂は1日のリセットタイム・・・♡」に関連するキーワード

「お風呂は1日のリセットタイム・・・♡」のライター