きちんと大人メイクできていますか??

10代であれば、社会人として公の場に出る機会もまだ少なく、 勘違いメイクも試行錯誤の途中と、笑って見過ごしてもらえる事は多いかもしれません。

ただ、それは、お友達と流行や可愛さを競い合うカジュアルファッションのようなもの。


1人の大人の女性として、社会人としてTPOをわきまえた大人メイクとは違うのです。

まず、勘違いメイクでわかりやすいのが、誰もがひと目で見てわかるような「つけまつげ」や「エクステ」。

これらは、勘違いメイクの代表選手のようなもので、いくら、まつげを濃く長く見せたいからといって、自分の顔立ちに馴染まないような濃い物は、特に、オフィスなどの場では避けたほうが無難だと思います。

まつげはあくまでも、自分の顔立ちに馴染む範囲で。

自然な感じに仕上げたいのであれば、目尻のみにつけまつげをつけるという方法もあります。

また、自分に似合わない色や、太すぎるアイラインも、他人から見れば勘違いメイク。

メイク雑誌の表紙になるような、女優や芸能人のメイクをマネをしても、 自分の『普段の顔』には似合っていないかもしれません。

大人メイクの基本というのはまず、他の誰よりも、自分の顔の事は自分で知ること。

それは思い込みの勘違いではなく、プロの目を通してであったり、時には批判されたりしながらでも、
自分自身を知るという、経験値を積む事でもあります。
thinkstock (17172)

プロに自分に似合う色や、メイクを教えてもらうというのも近道ではありますよね。
ファンデーションを塗って、写真を撮ったら、自分の肌色に合っていなかったり、メイクしたつもりなのに、顔色が沈んで見えたり。


そんな過程をさんざん経験しながら、
TPOをわきまえつつ、メイク映えする化粧をわきまえている。

それが大人のメイクではないでしょうか。

関連する記事

学生メイクは25歳までに卒業すべし。大人メイクの基本とは?」に関連するキーワード

「学生メイクは25歳までに卒業すべし。大人メイクの基本とは?」のライター