目次

便利になり過ぎて、スマホやSNSに依存していませんか?!

現代の日本では、およそ95%の人が携帯電話やスマートフォンを持っているといわれています。

時には「休みの日に仕事のメールや電話が勘弁してほしい」「興味のないSNSに時間を取られるのが苦痛」だと感じることはないでしょうか。

gettyimages (40898)

そうはいってもなかなか「電源を切る」「ケータイを携帯しない」ということはできません。しかし、中には度を越してしまい、携帯依存症やSNS依存症と呼ばれる状態に陥っている人も少なくないといわれています。

ある調査によると、何らかの理由で「ケータイ」を見ることが出来なくなったら、3時間以内に禁断症状を覚えると思う、という人が20%いるといわれています。

thinkstock (40915)

チェックできないと思うだけで落ち着かない、不安に襲われる人も珍しくありません。

そんな中、注目されているのが「デジタルデトックス」という言葉です。一体どういう意味なのか見ていきましょう。

デジタルデトックスとは??

デジタルデトックスは、アメリカ合衆国から試みが始まりました。

デジタルデトックスは、アメリカ合衆国から試みが始まりました。

thinkstock (40902)

1日~数日間、携帯電話やスマートフォン、パソコン、ゲーム機器などに触れることなく、現実社会におけるコミュニケーションやあるがままの自然に親しむという取り組みです。

便利な状態をわざわざ放棄して、リフレッシュをするというのは矛盾しているようにも見えますが、実はデジタル依存症もかなりのストレスをもたらしているのです。

メールやチャットの返信に追われたり、ネット環境の中でも同調圧力に飲み込まれたり「いつでもどこでもできる」ということは「いつまでもどこまでもやらねばならない」というストレスを感じるということになります。

gettyimages (40900)

睡眠時間を削ったり、自分時間を犠牲にして意に沿わない書き込みをする、即レスへのプレッシャーなど、デジタル機器が普及するまでは考えられなかったようなストレスが増えているのです。

それほどまでにしないと、現代においてはネットの影響を受けない生活はできないのです。

thinkstock (40908)

中には、通信手段が一切ない孤島などに身を置き、自分の意志では絶対にネットに接続できない状態を作り出すという試みもセレブ達の中で人気を博しています。
thinkstock (40897)

他者とのつながりを求めた結果、求めている以上につながってしまい逆に疲れを感じてしまう、それが現代社会の新しいストレスといえます。

デジタルデトックスをすることで、一時的にせよいろいろなつながりが一旦断たれます。

gettyimages (40896)

ほとんどの人が最初は落ち着かない気持ちになるといいますが、今まで「やることがたくさん」ありすぎて疲れていたことに気が付きます。

それも、そのほとんどがネットを介してのことであったことに、ようやく気付くのです。

外にばかり向いていた気持ちが自分へと向き「自分が楽しむべきこと」を再認識する、あるいはいかに自分が縛られていたかに気付き、結果的にリフレッシュへと導かれるのです。

thinkstock (40904)

ケータイやスマホがなくても自分は大丈夫であり、人間関係にも影響がないことを自覚していくことでさらなる依存を防ぐという効果もあります。

疑似的なつながりを絶対のものと考えていた過去を見つめ直すいい機会として、デジタルデトックスを実行してみるとよいでしょう。

関連する記事

たまにはデジタルデトックスでリフレッシュしましょう!」に関連するキーワード

「たまにはデジタルデトックスでリフレッシュしましょう!」のライター