目次

なぜ紫外線は対策が必要かご存知ですか??

良い肌を維持する為に重要になってくるのが、紫外線対策です!

thinkstock (33054)

肌は紫外線を浴びると、肌細胞を守る為にメラニン色素を発生させます。

メラニン色素の量が多くなれば、日焼けとなり、そのメラニン色素が肌に沈着すれば、シミやそばかすの原因となります。

更に、紫外線というのは、肌の中のコラーゲンを破壊してしまいます。

thinkstock (33051)

コラーゲンは真皮の層で表皮を支える役割りをしており、真皮の層にしっかりとあれば肌はハリと弾力がある状態となります。

ですが、コラーゲンが破壊されたり減少したりすると、真皮の層は表皮を支えきれなくなり、肌はハリと弾力を失い、たるみやすい状態となってしまいます。
thinkstock (33069)

肌にハリと弾力がなくなれば、しわもできやすくなり、見た目年齢に大きく影響をしてしまう事になります。

コラーゲンというのは加齢によって減少していく成分ですが、紫外線を浴び続けていると、それだけ早く肌が衰えてしまう事になります。

夏からの紫外線対策では間に合わない?!

それだけに、いつまでも若々しくいたいと考えるのであれば、紫外線対策をしっかりとしておく事が重要になってきます。

thinkstock (33053)

この時、重要になってくるのが、紫外線予防を始める季節です。
美容の為に、夏の日差しの強い日はしっかりとUVケアをしているという人も多いでしょう。

ですが、本気で紫外線対策をしたいと考えるのであれば、春の紫外線からしっかりと予防しておく事が重要になってきます。

thinkstock (33073)

紫外線というのは3月頃から急増をする事になります。
3月といえば、まだ気温も低く、日差しが気持ち良い季節です。


その為、紫外線対策はまだ必要ないのではないかと考えてしまう人もいますが、3月の時点では、残暑の頃と変わらない程の紫外線が降り注いでおり、そこからその量は増えていく事になります。

ですから、春だからまだ早いと考えるのではなく、3月頃から、しっかりとした紫外線対策をしておく事が重要になってきます。

紫外線対策は晴れた日だけで大丈夫??

istockphoto (33077)

春から紫外線対策をしている方も、これからくる梅雨の季節には曇っているからと日焼け対策をしていないなんてことは有りませんか?!

そして、もう一つ重要になってくるのが紫外線対策をする天気です。 晴れている日だけ対策をしておけば良いと考える人もいますが、紫外線というのは曇りの日にも降り注いでいます。

ですから、晴れている日だけでなく、曇りの日でも、外出をするのであれば、しっかりと紫外線対策をしておく事が重要になってきます。

thinkstock (33050)

春の紫外線というのは、夏場の紫外線とは違い、浴びるとすぐに日焼けをしてしまう等、見た目の変化が起きにくいものです。

ですが、見た目の変化を感じにくくても、真皮の層のコラーゲンに影響を与える、メラニン色素を発生させる等、肌に影響を与えています。

thinkstock (33047)

そして、その影響が目に見えて分かるのは、何年も先の話となります。

その為、いつまでも若々しく綺麗な肌を維持したいと考えるのであれば、若い間からしっかりと紫外線対策をしておく事が大切です。

日焼けした肌は若さを取り戻せる?

thinkstock (33059)

現在は、アンチエイジングに有効な化粧品やサプリメントが多く販売されています。

ですから、肌の衰えを感じる事があっても、そこから対策をしていく事が可能、若々しさを取り戻す事ができると考える人は少なくありません。

ですが、一度衰えてしまった肌を元の若々しい状態に戻すという事は簡単ではありません。

thinkstock (33068)

それよりも、少しでも肌の衰えが緩やかになるように、若い間からしっかりと紫外線対策をしておく方が、いつまでも若々しい状態を維持しやすくなります。

その為に有効な方法が、日焼けしてコラーゲンが減る事を防ぐ紫外線対策です。

istockphoto (33074)

夏場の紫外線は多くの人が意識しますが、紫外線というのは春先から増えるだけでなく、曇の日にも多く降り注ぎ、肌にメラニン色素を発生させたり、コラーゲンを破壊したりしています。

ですから、いつまでも綺麗でいたいのであれば、春の紫外線からしっかりと対策をしておく事がおすすめです。

関連する記事

危険!! 春の紫外線要注意!!」に関連するキーワード

「危険!! 春の紫外線要注意!!」のライター