人から自分の背中が見られていること お忘れではありませんか??

体のあちこちに付いた贅肉が気になる事は多いでしょうが、意外と見落としがちなのが背中やワキのはみ肉です。

thinkstock (12993)

自分からは見せませんが、人からは丸見えですね、、、

背中は見えにくい部分なので、気付かぬうちに贅肉が付いていたといった事は多いでしょう

特にノースリーブや薄着の季節になると、背中やワキのはみ肉といった体型が気になる人は多いでしょう。

 (12995)

実は背中のたるみや贅肉は太っているなどのネガティブな印象だけではなく、実年齢より老けて見られてしまう事が多い部分でもあります。

背中やワキに付くはみ肉は加齢が原因にもなりますが、日常的に背中の筋肉を使うスポーツや運動に取り組んでいる人は年齢を重ねても背中やワキに贅肉がつかない人が多く見られます。

gettyimages (13003)

水泳などの選手は特に背中が美しいですね!

背中やワキのはみ肉の原因は加齢による筋肉の衰えだけではなく、運動不足や普段の姿勢の悪さも脂肪が付く原因となります。

thinkstock (13006)

特にデスクワークなどで猫背の姿勢が長時間続くと、背中の筋肉の緊張状態も続き、コリやむくみの原因となり、その影響で老廃物の流れが悪くなり脂肪が付きやすくなってしまいます。

ですから、猫背など姿勢の悪い状態を長く続ける習慣がある人は、空いた時間に猫背解消フィットネスに取り組み、正しい姿勢に改善する事が薄着の時に目立つ背中やワキのはみ肉を解消するための近道となります!!

「肩をゆらすフィットネス」

また、両腕を水平に伸ばした状態で片腕を上、もう一方の腕を下方向へ伸ばし、この動作をリズムよく繰り返し、1セットの目安を1分程度にして行う「肩をゆらすフィットネス」も効果的です。
肩をゆらすフィットネス」

肩をゆらすフィットネス」

両手を水平に上げた所から、方腕づつ順番に図のように上げ下げします。

「肩回しフィットネス」

猫背を解消して背中やワキのはみ肉を改善するポイントは肩甲骨だと言われているので、足を肩幅に開いて真っすぐ立ち、肩に手を乗せた状態から前後に各30回程度円を描くように回す「肩回しフィットネス」が効果的です。

『大胸筋を伸ばすフィットネス』

ワキのはみ肉の解消に関しては大胸筋を伸ばしてあげる事がポイントなので、足を肩幅に開いて真っすぐ立ち、両手を頭の後ろに組んだ状態で息を大きく吸いこみ、胸や二の腕を意識して伸ばすようにします。

そして、今度はゆっくり息を吐きながら両肘を内側に閉じていき胸の筋肉を緩めて、この一連の動作を何度か繰り返します。
このように肩甲骨や大胸筋を意識した猫背解消フィットネスに取り組むのが背中やワキのはみ肉の改善につながりますが、猫背を解消するフィットネスだけではなく、デスクワークなどの影響で猫背気味の人は、普段から正しい姿勢を意識して生活をする事も大切です。
 (12997)

後ろ姿も美しく!そんなオトナ女子を目指してみませんか?!

関連する記事

薄着からはみ肉が・・・原因は猫背にある??猫背解消フィットネス!」に関連するキーワード

「薄着からはみ肉が・・・原因は猫背にある??猫背解消フィットネス!」のライター