目次

どのような方法で、メイクを落としていますか??

何気なく行っているクレンジングが、肌を傷める原因になっているかもしれません。

thinkstock (40730)

クレンジングなんてどれも一緒だと考えている人もいるかもしれませんが、メイクの仕方や肌のコンディションに合ったものを選ばなければ肌にとってのダメージになる恐れがあります。
thinkstock (40728)

スキンケアの最初のステップだと捉えることもできますので、まずは現在行っている方法が正しいものなのかを検証してみることが大切です。

万が一洗った後にメイクが落ちきっていないような気がするという場合や肌が突っ張ってしまう時には合っていない証拠です。

美容的なケアにおいて、実はどのような商品を選んでメイクを落としているかはとても重要なポイントです!

thinkstock (40731)

メイクの濃さや肌のコンディション、元々の肌質などを総合的に考慮して選ぶことが望ましいとされており、特に敏感肌の人や現在肌荒れを起こしている人は肌への優しさを重視しながら選ばなければなりません。

選ぶ前に確認しておくこととして、ベースメイクの濃さを一度チェックする必要があります。

thinkstock (40737)

アイメイクは別に考えるようにしますが、ベースメイクが肌に残ったままになると大きな負担となって肌荒れを起こしてしまいます。
thinkstock (40732)

メイク用品の油分が肌に付着したままになると肌細胞の働きを妨げたり皮脂分泌を増やすことになりますので、最低限メイクをきちんと落とせることを考えなければなりません。

よく使われているのはオイルタイプやクリームタイプです。どちらが良いのでしょうか??

オイルタイプのメリット&デメリット。

オイルタイプの場合、しっかりメイクをしている人でもきちんと落とすことができます。

thinkstock (40745)

メイクは油性ですので、同じく油性であるオイルタイプを利用することで上手く馴染ませることができます。

馴染んだ後は浮き上がって洗い流すだけですので、しっかりメイクであってもキレイになります。
thinkstock (40748)

ポイントメイクをしている時でもキレイに落とせるタイプではありますが、落としやすいということはその分肌への負担も大きいと考えられますので、濃いメイクでなければ使用しない方が無難です。
thinkstock (40750)

しっかりメイクをしていてオイルタイプを使わなければならない場合でも、保湿成分の含まれている商品を利用すれば肌は良いコンディションを維持することができます。

ここで大事になるのは、メイクの落ちが良いからといって濃いメイクをしているわけでもないのにオイルタイプを使わないということです。

クレンジングクリームのメリット&デメリット。

肌への優しさを追求するのなら、オススメはクレンジングクリームです。

thinkstock (40740)

クリーム状のテクスチャになっていて、洗う時でも手と肌の間でクッションの役割を果たしてくれます。

つまり、洗う時の刺激を最小限にすることのできるタイプですので、刺激に弱い肌や敏感肌であっても安心して利用することができます。
thinkstock (40753)

クレンジングクリームの良いところは肌に良いという点ではありますが、メイクを落とす働きはオイルに劣りますので、しっかりメイクをしている人には向きません。

もちろんポイントメイクも落とすことはできませんので、ナチュラルメイクをしている人に適したタイプだといえます。

お肌への優しさを考えると、、、

美肌作りを行う上では、メイクをなるべく薄くして、クレンジングクリームを使って落とすというのが良い流れです。

thinkstock (40756)

油分を含んでいますので、クレンジングを行った後も肌が適度にしっとりとします。

これらのことから、肌に優しいのはやはりクレンジングクリームの方だといえます。

ただし、メイクが濃いのにクリームタイプを使ってしまうとメイクをしっかりと落とすことができません。

メイクが落ちきらないことがもっとも肌に負担をかけますので、メイクが濃ければ強い作用を持つクレンジングを使うしかなくなります。

thinkstock (40765)

肌のコンディションを整えたい時にはメイクの濃さを調節することから始める必要があります!

自分の肌の調子と、メイクの濃さを調整して
お肌に負担がかかりにくいようにしたいですね。

関連する記事

肌に良いのはクレンジングクリーム? オイル?」に関連するキーワード

「肌に良いのはクレンジングクリーム? オイル?」のライター