目次

オトナメイクを楽しんでいますか??

10代のころには『がっつり濃いメイク』や『反対に若さを生かしたすっぴん風メイク』を楽しんでいたというオトナ女子も、年齢とともにさまざまなコスメを試してオトナ女子ならではのメイクを研究していることと思います。

そんなオトナ女子に今おすすめしたいのが、ナチュラルだけど色気を感じさせるノーブルメイクです。

 (12942)

「ナチュラルで色気なんか出るの?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、オトナの色気を備え持っているオトナ女子だからこそできるメイクなのです。

*ベースメイク*

まずポイントとなるのが、やはりベース。 自然で健康的に見せることも目指します。

なので、ファンデーションの厚塗りは絶対にNG。

 (12947)

ファンデーションはあくまでも薄付きのものをチョイスして、気になる部分は下地やコンシーラーでカバーするというのが基本です。
リキッドファンデをブラシで顔全体に。
「スポンジではなくブラシを使うのは、さらっと薄く塗ることができて、素肌ならではの透け感が手に入るから。頬から外へすべらせたら、毛穴が目立つ部分はクルクル動かしてぼかしこんで」
via http://i-voce.jp/feed/4330/

顔色が悪いという方はピンク系の下地を使うと血色感が出ますし、赤みが気になるという方はグリーンやブルーの下地を使うと透明感が出ます。

仕上がりとしては、マットすぎずツヤ感も出すぎずというバランスのいいところを目指しましょう。

 (12946)

*チーク*

チークはピンクの中でも可愛すぎず上品さが出やすいサーモンピンクがおすすめです。

高すぎず低すぎず、頬骨に沿って斜めにふわりと入れると健康的に仕上がります。

*アイメイク*

目元も大きなポイントです。もちろんがっつり囲みアイラインなんてことはせず、自然に大きな瞳を目指します。

 (12944)

アイラインは内側を中心に、瞼の隙間を埋めるような感じで細く入れます。

目の上は全体に、目の下は目尻側の三分の一程度入れると自然に仕上がります。

 (12959)

ブラウンだと優しい印象に♥

もともと目が大きいという方は、ブラックではなくブラウンのアイラインを使うとより優し気な印象に。

また、まつ毛も同じくナチュラルな仕上がりを目指しましょう!

つけまつげは使わず、あくまでも自まつ毛を生かします。

 (12951)

自然体で、いつも美しい長谷川潤さんもアイメイクは自然な印象のノーブルメイクが多いですね♥

マスカラはボリュームタイプではなく長さの出るロングタイプを選びます。

gettyimages (12955)

ダマにならないように、塗った後にはコームでとかすというひと手間を加えると綺麗にできます。

*リップ*

最後にリップもチークに近い、濃すぎないピンクで仕上げます。

ツヤ感はほどほどに、軽くティッシュで押さえてもいいでしょう。

オトナ女子の魅力を生かすには、こうしてナチュラルで健康的に仕上げることで本来の色気がにじみ出るような色っぽいメイクになるのです。

関連する記事

ナチュラルな中にもオトナの色気を♥ ノーブルメイクでオトナの魅力アップ!」に関連するキーワード

「ナチュラルな中にもオトナの色気を♥ ノーブルメイクでオトナの魅力アップ!」のライター