目次

使っているスキンケア用品に、肌にダメージを与えてしまうものがあることをご存知ですか??

スキンケアの基本ともいえる毎日の洗顔ですが、洗顔料やクレンジング剤によっては肌にダメージを与えてしまうものもあります。

洗顔で肌を傷付けない為にも、どの成分が悪影響を及ぼすのかを知っておくことが大切です。

スキンケアにおいて注意すべき成分の代表的なものが、合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は強力な洗浄力をもたらしてくれる為、頑固な汚れまでしっかりと落とすことができ、洗顔後に爽快感が得られるというメリットがありますが、その一方で肌の健康を第一に考える場合には避けるべき成分となります。
まず界面活性剤は、簡単にいうと
「水」と「油」のように、本来は混ざり合わない物を混ぜ合わせるために使うものです。

界面活性剤の働きをするものに
「レシチン」「サポニン」「リン脂質」「ペプチド」など天然のものがあり、
化粧品でいうクリームなどを作る際に使われます。

また、メイク落としにも使われていますが、「崩れない」事が求められ、
進化を続ける今のメイクを落とすには、自然界の界面活性剤では洗浄力が足りないため、
進化した【合成界面活性剤】を使用するようになりました。
これにより、格段に洗浄力がUPした訳です。

合成界面活性剤が肌に悪い最大の理由は、洗浄力が強力すぎることです。

thinkstock (19575)

一般的には、洗浄力が強く、皮脂を完全に落とす洗顔料が良いと考えられがちですが、肌には外敵からのバリア機能に必要な皮脂膜や角質層が存在しています。
お肌には外からの刺激から肌をまもり、異物の侵入を防ぐため、
「皮脂膜」と「角質層」が【バリア機能】を果たしています。
このバリア機能が破壊されると、お肌が乾燥し、敏感になり、
様々な肌トラブルの原因になってしまいます。
そんな大事な肌バリアを「ゆるめて、溶かし出してしまう」性質が強いため、
合成界面活性剤はお肌によくないと言われています。

なぜ洗浄力が強すぎるとよくないの??

これらのバリア機能が働いていれば、紫外線や埃、花粉などの外敵からの肌ダメージを最小限に抑えることができますが、合成界面活性剤が含まれた強力な洗顔料やクレンジング剤で顔を洗ってしまうと、大切なバリア機能が壊れてしまうのです。

バリア機能が壊れた状態で外部からの刺激を受け続けると、乾燥肌や敏感肌が慢性化してしまったり、体質によってはアレルギーの症状が出てしまう恐れがあります。

この為、バリア機能を残す適度な洗浄力に抑えられた、合成界面活性剤が使われていない洗顔料やクレンジング剤を選ぶことが大切です。

知らないうちにお肌に負担をかけてしまっているかも。。。

特に、ダブル洗顔をしている場合はかなり大きなダメージとなってしまう可能性もあるので、成分を十分にチェックすると共に、ダブル洗顔不要のクレンジング剤を使うこともおすすめです。

しかし、いかに強力な洗浄力が肌のバリア機能を壊してしまうからといって、メイクが残ってしまうようでは肌に良くありません。

メイクが綺麗に落ちないと感じた場合には、合成界面活性剤が含まれていないクレンジング剤でも綺麗に落とせる化粧品に変えることも検討してみましょう!!

関連する記事

知らないと損する?スキンケアのこと☆合成界面活性剤の何が悪いのか知っていますか??」に関連するキーワード

「知らないと損する?スキンケアのこと☆合成界面活性剤の何が悪いのか知っていますか??」のライター