目次

まだ5月だからと油断していませんか?!

紫外線対策は曇っている日でもしなければならず、家の中にいる時でも窓ガラスを通して浴びてしまいます!!

thinkstock (46815)

紫外線量に関しても誤解している人が多いのですが、5月頃からはかなり強力になりますので春でも無防備な状態で浴びることは避けなければなりません。
thinkstock (46818)

夏のジリジリとした紫外線さえ対策をしていれば白くて美しい素肌を守れると勘違いしている人は、いつの間にか日焼けしてシミやくすみに悩まされるようになりますので、正しい知識を身に付けることが大切です。

美容対策では、紫外線からのダメージを防ぐことがとても重要です。

紫外線は肌を急激に乾燥させますのでバリア機能が弱まって外的刺激を受けやすい状態を作ってしまいますし、肌中のコラーゲンなどの潤い成分の量が減ってしまいますのでハリも無くなります。

対策としては、日焼け止めを塗るのと同時に日傘などで物理的にカットすることも必要であり、一年を通して気を抜ける時期はないということを覚えておくようにします。

thinkstock (46834)

そして、より強力になる夏場は肌ダメージを受けやすいのでしっかりと対策を行い、秋口には夏の紫外線による疲れが出やすい時期ですので、回復させるような肌ケアに努めます。

覚えておきたい日焼け止めの基礎知識!!

日焼け止めクリームを使用する際に覚えておきたいのは、PA値やSPF値によって強さが変わるという点です。

値が大きければ大きいほど作用も強くなりますが、朝塗れば一日中効果が持続されるわけではありませんので、一定時間が経過したら塗り直すことも忘れてはいけません。

thinkstock (46825)

また、汗をかいた時には流れてしまうことが多いので、日焼け止めが落ちてしまったと感じた時も塗り直すようにしましょう。

日焼けしてしまったときも焦らずアフターケアを!

紫外線を浴びてもメラニンの蓄積を防いでくれる化粧品を使うことでシミを作らずに済みますので、肌ケアでは美白作用を持つものを取り入れることが大切です。

美白化粧品にも主に2種類あり、今後新たなシミを作らないようにしたい時には、肌中でメラニン色素が増えないように働きかけるものが効果的です。

既にシミができている時には、メラニンを還元する作用を持つ化粧品が必要になります。

thinkstock (46814)

上手く使い分けることで白くて美しい素肌を維持できますので、今現在自分には何が必要なのかを把握した上で商品選びをするようにします♡

美白に効果的な栄養素を取り入れることで身体の内側からもケアを行うことが可能です!!

ビタミンCをたっぷりと含む果物や緑黄色野菜を摂取したり、必要に応じてサプリメントを取り入れれば、外的環境に左右されにくいコンディションが作られるようになります。

内側からと外側からのケアを同時に行うことでしっかりと美白対策の効果が得られるようになって、うっかり紫外線を浴びてしまった時でも大きな影響を受けずに済みます。

thinkstock (46855)

紫外線のダメージは長い期間をかけて蓄積されていきますので、何らかのトラブルが表れた頃にはかなりのダメージを受けている状態です。

うっかり浴びてしまうのを防ぐためには日頃から紫外線対策を行う習慣を作ることが大切です。

関連する記事

紫外線注意報! もうたくさん浴びてます!!」に関連するキーワード

「紫外線注意報! もうたくさん浴びてます!!」のライター