目次

肌トラブルを防いで美しさを保つために開発されているのが、ナチュラルコスメとオーガニックコスメです。

スキンケアは肌の状態を良くするために行いますが、入っている成分によってはコスメ自体が肌トラブルの原因となります。

ナチュラルコスメとは石油由来の化学成分をできるだけ使わないコスメです。

gettyimages (19529)

代わりに天然の植物から有効成分を抽出しています。

アレルギーの恐れがある化学物質を含まない無添加コスメとは異なり、ナチュラルコスメには化学物質も含まれていることが多いです。

オーガニックコスメはナチュラルコスメの一つで、オーガニックとは「有機」という意味です。

istockphoto (19532)

オーガニックコスメは有機栽培された植物を原料にしたコスメで、農薬や化学肥料の影響を受けません。

ナチュラルコスメとオーガニックコスメの違い

この2つのコスメには違いがありますが、日本では認証団体が存在しません。

化粧品メーカーが石油由来の成分をあまり使わない商品だと判断すればナチュラルコスメ、有機栽培の植物を使ったと主張すればオーガニックコスメになります。

客観的な立場で判断しているわけではないので、中には化学物質がたくさん含まれたコスメもあります。

gettyimages (19527)

海外では認証団体がいくつか存在するので、日本のメーカーも利用していることが多いです。
認証団体では基準はそれぞれ異なりますが、原料となる植物の栽培方法や含まれている化学物質などを調査してオーガニックコスメかどうかを総合的に判断しています。

認証を受けていないメーカーが化学物質ばかりを使っているとは限りませんが、国際的な団体から認証を受けていれば安心して購入できます。

ナチュラルコスメやオーガニックコスメは、化粧水やファンデーションなどでよく見られます。

マスカラや日焼け止めなどは、カールを持続させたり紫外線をカットしたりと求められている機能が高度なので、なかなか自然の成分だけでは製造できません。

一般的な日焼け止めには酸化チタンなどを配合することで、紫外線のダメージを守っています。

オトナ女子として、スキンケアに使うコスメの事も理解していきたいですね。

関連する記事

ナチュラルコスメとオーガニックの違い」に関連するキーワード

「ナチュラルコスメとオーガニックの違い」のライター