2017年2月23日 更新

~オトナ女子流~ 女性が結婚するということ

女の子が憧れる大好きな人と永遠の愛を誓う結婚。結婚ってステキなこと。でも、実際に女性が結婚をするということは...。

2,707 view お気に入り 1
女性が結婚をする時って?
大好きだから結婚する
結婚相手としてふさわしい人とだから結婚する
子供が欲しいから結婚する

あなたの結婚が、一生をかけて自分を育ててくれた、両親への親孝行になりますように...。

「結婚する」ということ...

「結婚する」ということは、自分と彼の家族がつながるということ。

彼が大好きだから結婚をする。
小さい時から憧れてた愛する人との結婚は幸せいっぱい。
自分にとっては大好きな人、
しかし、自分の家族にとっては、今まで知らなかった人と急に親戚同士になることでもあります。
gettyimages (28193)

自分の子供が大好きな人と幸せな結婚をしてくれることは、両親にとっては何よりも嬉しいことなので、
相手の家族とうまくやっていく努力をしてくれるはず。
だからこそ、結婚は家族みんなが喜ぶ人とできたら理想ですね。
gettyimages (28197)

「恋愛向き」と「結婚向き」

大好きな人と一緒になるということは大前提。
しかし、恋愛向きと結婚向きのカップルは、やはりどうしても存在します。
thinkstock (28200)

恋愛向きな男性と結婚向きな男性の2タイプ

1.容姿だけの人は恋愛、内面が美しい人は結婚

2.趣味や夢だけに生きている人は恋愛、
それにプラスして家庭的な面を持つ人は結婚

3.固定観念が強すぎる人は恋愛、
柔軟な思考回路を持つ人は結婚

4.強すぎる自分が大好きな人は恋愛向き、
ほどほどな人は結婚向き
gettyimages (28574)

恋愛向きな男性は、自分と強い何かを持っていて、女性にとって刺激的な存在が多いはず。
また、結婚向きな男性は、柔軟に物事に対応できる強い個性はそこまでなくてもバランスのある男性が多いはず。
大好きな人が、これから出逢う男性が恋愛向きなのか、結婚向きなのかも心得て、せっかくの恋愛なので自分でも気持ちも未来もコントロ-ルできたらいいですね。
gettyimages (28576)

結婚は長い年月を共に過ごすことになるので、その人の性格がじつはとっても重要。
大好きな人とした結婚が、数年後に後悔しないためにも、彼の性格および自分の性格も「結婚向き」なのかどうかキチンと心得ておくことも大事です。
25 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪



新しいアラフォ-ウェディング★オトナ花嫁というブランド★

新しいアラフォ-ウェディング★オトナ花嫁というブランド★

人一倍お仕事をがんばってきちゃったり、タイミングがあわずに一般的の平均初婚年齢より遅くなってしまった結婚。やはり、ウエディングドレスを着て、教会で華やかに結婚式を挙げるのが女性の夢だとされてきたのは年齢を重ねても変わらないはず。せっかくなら、アラフォ-らしいカッコいいweddingをしちゃいましょう。
Miwa | 4,383 view
バツイチ女性の恋愛トリセツ(取扱説明書)★オトナ女子★ 

バツイチ女性の恋愛トリセツ(取扱説明書)★オトナ女子★ 

前回の結婚は、ピリオドを迎えてしまった。でもまた恋愛をして、幸せな未来を希望している人はいっぱいいるはず。しかしやはり気になるのは「男性から見てバツイチ女性ってどうなの?」。バツイチ女性の恋愛トリセツをまとめてみました。 
Miwa | 6,109 view
オトナ女子必見!知っておきたい男性の恋愛トリセツ(取扱説明書) 

オトナ女子必見!知っておきたい男性の恋愛トリセツ(取扱説明書) 

恋愛のトリセツ(取扱説明書)は、女子だけでない。女の気持ちは分からない...っていう男性だってきっと「男の気持ちも分かってほしい」ってあるのかも?
Miwa | 1,951 view
オトナ女子流!話題の「ソロウェディング」

オトナ女子流!話題の「ソロウェディング」

今、話題の「ソロウエディング」。究極のお一人様プログラムとして密かに人気急上昇中。
Miwa | 1,480 view
【あさイチ】吉田鋼太郎さんの結婚から「年の離れた男性」との恋愛・結婚を考察する

【あさイチ】吉田鋼太郎さんの結婚から「年の離れた男性」との恋愛・結婚を考察する

花子とアンで一躍人気者となった吉田鋼太郎さんの奥様は22才年下。実際、年の離れた男性との結婚て、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
桜子 | 731 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Miwa Miwa




【月間ランキング・TOP30 】はこちら

DECIEL~デシェル~

自由が丘〜kalaku〜