2018年10月18日 更新

【あさイチ】「生きてるだけで、愛。」本谷有希子作品から女子の心の深淵を見つめてみたい

この秋公開予定の映画「生きてるだけで、愛。」本谷有希子さん原作。 主人公寧子の言動から、女子の心の深淵を見つめてみたい。

「生きてるだけで、愛。」の中のふたり

寧子

キャスト|映画『生きてるだけで、愛。』公式サイト 11/9(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー (51609)

母親譲りの躁鬱を繰り返すという、メンタルに問題を抱えていた寧子(やすこ)は鬱状態に入り、バイトも満足に続かない。

おまけに過眠症のため、家にいても家事ひとつするわけでなく、敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。

姉との電話やメールでのやり取りだけが世間との唯一のつながりだった。

http://ikiai.jp/about/story.html

津奈木

キャスト|映画『生きてるだけで、愛。』公式サイト 11/9(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー (51610)

文学に夢を抱いて出版社に入ったものの、週刊誌の編集部でゴシップ記事の執筆に甘んじる日々を送る津奈木は、仕事にやり甲斐を感じることもできず、職場での人間関係にも期待しなくなっていた。

http://ikiai.jp/about/story.html

寧子と津奈木~自分の思いを言葉にして伝える術を持っていない・不器用な男と女の恋の物語~

特選!エンタ 映画「生きてるだけで、愛。」&「母さんがどんなに僕を嫌いでも」|NHKあさイチ (51636)

あたしたちがずっとつながっていることなんかできっこない。せいぜい五千分の一秒。過激で滑稽、でもとことん真摯な愛の物語。https://www.shinchosha.co.jp/book/137171/

『生きてるだけで、愛。』

『生きてるだけで、愛。』予告 11月9日(金)公開

この短い動画からも、生々しい心の痛みが伝わります。

彼らの恋愛はアンビバレンス?

津奈木は寧子がどんなに理不尽な感情をぶつけても静かにやり過ごし、怒りもしなければ喧嘩にすらならない。それは優しさであるかに見えて、何事にも正面から向き合うことを避けているような態度がむしろ寧子を苛立たせるが、お互いに自分の思いを言葉にして相手に伝える術は持っていなかった。

う~ん ばっかじゃん さっきから

ほんと つかれるなあ  生きてるだけで ほんと つかれる

そして・・かつて津奈木とつき合っていた安堂が、寧子の前に現れる

キャスト|映画『生きてるだけで、愛。』公式サイト 11/9(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー (51633)

彼女もまたエキセントリックな部分を持ち合わせている女性。
29 件

この記事 『 【あさイチ】「生きてるだけで、愛。」本谷有希子作品から女子の心の深淵を見つめてみたい 』 をシェアする

”この秋公開予定の映画「生きてるだけで、愛。」本谷有希子さん原作。 主人公寧子の言動から、女子の心の深淵を見つめてみたい。”

『【あさイチ】「生きてるだけで、愛。」本谷有希子作品から女子の心の深淵を見つめてみたい』 に関連する記事 こんな記事も人気です♪


涼★絶対いきたい注目の話題の2大スポット!

涼★絶対いきたい注目の話題の2大スポット!

毎日の暑さに夏バテしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 暑すぎてどこにも行きたくない・・・という方でも、涼しい場所ならおでかけしたくなるかもしれません! 注目の涼スポットをまとめました!
【あさイチ】今年の夏は「ヒマワリ(向日葵)女子」で恋愛運を引き寄せよう

【あさイチ】今年の夏は「ヒマワリ(向日葵)女子」で恋愛運を引き寄せよう

夏の花の代表格のひとつ「ヒマワリ」 明るくて元気なイメージがあるけれど、よく言われる「ヒマワリのような女子」ってどんな女子?そして、そんな「ヒマワリ女子」は、モテるって本当?
【あさイチ】藤井フミヤさんが生み出した最上のLove Song♪

【あさイチ】藤井フミヤさんが生み出した最上のLove Song♪

今年デビュー35周年およびソロデビュー25周年の藤井フミヤさん。 ソロ第一弾でミリオンセラーとなったのは四半世紀を経た今も心に響き、歌い継がれる「TRUE LOVE」 今、改めてこの名曲をじっくりと聴いてみたい。
【あさイチ】「元祖オトナ女子」内館牧子さんからの発信に触れてみる

【あさイチ】「元祖オトナ女子」内館牧子さんからの発信に触れてみる

脚本家としてデビューしたのは40歳のとき。その原点にあるのは、仕事も恋もうまくいかずうつうつとした日々を送った13年半に渡るОL時代の体験と語る内館牧子さん。「元祖オトナ女子」とも言える内館牧子さんの働く女性としての生き方を探りたい。 NHK あさイチHPより抜粋
【あさイチ】23歳・女優・二階堂ふみの魅力

【あさイチ】23歳・女優・二階堂ふみの魅力

「西郷どん」で共演の鈴木亮平さんが「感性のバケモノ」とたたえる若き演技派女優の二階堂ふみさん。 画面上での演技力は定評のあるところですが、私生活では恋多き女子?との噂も。女優として・女子(ジョシ)としての二階堂ふみさんの魅力を探ります。 (NHKあさイチHP参照)

『【あさイチ】「生きてるだけで、愛。」本谷有希子作品から女子の心の深淵を見つめてみたい』 のキーワード

『【あさイチ】「生きてるだけで、愛。」本谷有希子作品から女子の心の深淵を見つめてみたい』 のライター

桜子 桜子
オトナ女子アプリ

-->


【月間ランキング・TOP30 】はこちら