目次

女性にとって美肌でいることはとても重要なことですよね!

普段の美容ケアはもちろんのこと、規則正しい生活を送ることも大切なことです。

ただどんなに気を付けてはいても生理前になるとニキビが出来てしまったり敏感肌になったりと肌トラブルを起こしやすい時期もあり、常に美肌を保つのはなかなか難しいものです。

それでもメイクの技術力を上げることで、ちょっとした肌トラブルであれば完璧にカバーすることも出来るかもしれません。

そのためにとても便利なのがコンシーラです!

ファンデーションも同じく肌色をした化粧品ですが、全体ではなく気になる部分に使用することでメイクをより美しく仕上げてくれるのです。

gettyimages (29305)

コンシーラには様々な形状のものがあり、とても細かい部分に使えるペンシルタイプや口紅のように繰り出して使用するカバー力に優れたスティックタイプ。
thinkstock (29306)

柔らかいテクスチャーで中には自分の好みの色を作れる明度の異なる数種類の色がセットになったものもあるクリームタイプ。
thinkstock (29304)

若干カバー力に劣るものの伸びが良いため肌馴染み抜群のリキッドタイプがあります。

そしてこれらはただ塗れば良いというわけではなく塗るタイミングやコツを知ることでワンランク上の仕上がりとなり素敵なオトナ女子になれるはずです。

コンシーラを味方にしたメイク術♡

パウダーファンデーションを使用している場合には先にコンシーラを塗ります。

後から塗るとせっかくきれいに塗ったファンデーションがよれて汚くなってしまうからです。

またファンデーションを塗る際は伸ばすのではなく軽く押し付けるようにするのがきれいに仕上げるためのポイントです。

リキッドやクリーム、エマルジョンファンデーションの場合は、肌にしっかりと密着させる必要があるためパウダーファンデーションとは逆で塗った後にコンシーラの出番となります。

使いたい部位によってどのタイプを使うかも美肌になるためには知っておくべきでしょう。

お悩み別の美肌テクニックとは?!

さらにファンデーションと同じく悩みによって塗る色味や、コンシーラのタイプを工夫することも美肌に仕上げるためには大切なことです!!

目の下のクマが気になる時にはクリームかリキッドタイプ、シミやソバカス、ニキビ跡などにはリキッドかペンシルタイプが適しています。

ほうれい線を隠したい場合にはリキッドタイプがおすすめです。

コンシーラの色味もお悩みによってかわってきます!

thinkstock (29316)

クマにはオレンジ系やピンク系などクマの色でも選ぶ色味は変わります。

ニキビ跡にはイエロー系やベージュ系でカバーします。
このように自分にはどんなコンシーラが適しているのかを見極めうまく取り入れることが出来れば、どんな時でも美しい女性でいられるはずです♡

関連する記事

コンシーラで美肌を手に入れる方法♡」に関連するキーワード

「コンシーラで美肌を手に入れる方法♡」のライター