初心者にもおすすめ投資信託って何?
投資信託(investment trust ) をわかりやすく説明します。

投資信託(investment trust ) とは?

投資信託(投信)とは...
個々の投資家から集めた資金をまとめて、投資のプロが運用する金融商品のことで「ファンド」とも呼ばれています。
運用というのは、株式や債券、不動産などへの投資。

運用というのは、株式や債券、不動産などへの投資。

投資って興味があり、ちょっとやってみたいけど、どんなものに投資したらいいかわからないわ...。

買うタイミングってどうなの?

なんだか難しそう...。

そんな人にぴったり!
なぜなら、投資信託は、プロ(ファンドマネージャー)に運用を任せる商品だからです。

自分ではなかなか手が出ない、高度な専門知識が必要な取引であったり、興味がある外国の株式などにも投資できるのです。

投資信託の仕組みとは?

プロに資産運用をお任せ!それが投資信託です!

「どのような商品に、いつ投資をしたらいいの?」

その判断から実際の取引までをプロにお任せすることができるので、初心者でも安心して購入できる金融商品が投資信託です。

金融商品とは?

自己資金を貯めたり増やしたりするためのサービスのこと。
銀行預金、保険、株式、債券、投資信託、FX、先物取引などいろいろな種類があります。

投資信託に関わる3つの会社

販売会社、委託会社、受託会社

この3つの会社の存在とは…?

まず投資家は、証券会社や銀行などの「販売会社」で投資信託を購入します。
この投資信託の商品を組み立て、運用方法を決める会社を「委託会社(運用会社)」といいます。
そして委託会社から指示を受けた「受託会社」が投資を行い、投資家の資産を管理していきます。
A 販売会社
投資信託販売業務。投資家との窓口であり分配金の受け渡し等サポ-ト。

B 委託会社
投資信託を作り、運用内容を決めて受託会社Cに指示。

C 受託会社
委託会社Bの指示を受けて投資、資産管理業務を行う。

投資信託なら少額で分散投資が可能

少額から投資が始められるメリット

実は、投資信託は10,000円くらいからも購入可能です。
また、月々数千円くらいから積立をして投資信託を購入する「投信積立」もあり、少額からでも投資が可能です。

分散投資でリスクを軽減できる

1つの銘柄だけに投資していた場合、いろいろな状況(企業倒産、株価の値下がり等)により大きな損失を負う可能性があります。
そこで、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることにより、様々なリスクを、分散、軽減することができます。

投資信託のデメリットって?

初心者のおすすめの投資信託ですが、運用のプロに任せて「投資」を行うために、そこに費用が発生してきます。

かかるコストには…

★販売手数料または募集手数料
  購入のための手数料(かからない投資信託もあります)

ノ-ロ-ド投資信託と呼ばれる販売手数料無料の投資信託もあります。

★信託報酬
 保有している間にずっとかかる運用費用

★ファンドの管理費用(監査報酬)  
 投資信託の監査を受けるための費用。これは少額です。

★信託財産留保額
 投資信託を信託期間の途中で換金する際の証券売却にかかるコスト
 (かからない投資信託もあります)

手数料が高い、安いもきちんと把握すること

投資信託の購入の際、プロにおまかせ!
おすすめの商品も重要ですが、忘れてはいけない販売手数料の存在。

かかるコストを紹介しましたが、
少しでも利益を上げるためには、手数料の存在はとっても重要!

色々な証券会社があるので、自分にあったプロを選びましょう。

賢いオトナ女子らしい資産運用をしましょう!

オトナの資産運用シリ-ズ<過去の記事>

オフィシャルライタ- Miwa

オフィシャルライタ- Miwa

外資系金融18年勤務.

10歳の女の子を持つワ-キングマザ-。

青山にヘッドスパサロンを2年間手掛け、
現在は美容コンサル及びプロデュ-ス担当。

オトナ女子サイトで
ステキな情報をお届けできるように努めます。

よろしくお願い致します。

関連する記事

投資信託(investment trust ) とは? ~オトナ女子資産運用~」に関連するキーワード

「投資信託(investment trust ) とは? ~オトナ女子資産運用~」のライター