夏のダメージがあらわれる秋は、肌老化のリスクがピークになる時期。

誤った肌対策を行ってしまうと更にこれからの季節のダメージがプラスされていってしまいますから、できるだけ早めに夏のダメージを取り除いていくことが必要になります。

夏のダメージで影響を受けているのが紫外線

肌の奥深くで紫外線の刺激を受けた細胞が、メラニンの生成を活発化させてしまい、シミやそばかすなどの元ができてしまいます。
それが徐々に肌表面にでてきて、秋にはシミ、そばかすが目...

それが徐々に肌表面にでてきて、秋にはシミ、そばかすが目立つ肌に。

紫外線によって肌の表面も傷つけられていて、保湿機能やバリア機能も失われがちになり、肌がボロボロになってしまいます。

秋になってくると、肌の老化リスクが高まります。

洗顔を行うときには肌が傷ついていることを意識して、優しくいたわりながら洗うことがポイント。

こすり過ぎたりしないよう、泡で包み込むような洗い方にします。洗顔方法を誤ってしまうと、肌がくすんだり古い角質の肥厚化で逆効果になってしまうことがあります。肌が赤くなったりヒリヒリする、炎症を起こしてしまうといったことが無いようにしましょう。

関連する記事

肌の老化のリスクは一年を通して秋がピークです。」に関連するキーワード

「肌の老化のリスクは一年を通して秋がピークです。」のライター