お肌のお手入れも成長していますか?

20代後半はお肌の曲がり角、などという言葉がありますが、20代と30代のお肌は同じではありません。
何となく20代の時の延長でお手入れをしている30代女子は多いと思いますが、実はそれは正しいケアではないのです。
20代の健康なお肌は基本的な洗浄と保湿だけでもピチピチの状態が保てますが、30代になるとエイジングケアが必要となります。

というのは、30代になると皮膚の内部で生成されるコラーゲンなどのハリや潤いを保つ成分が減少します。

また、紫外線を長年浴びていることで、蓄積されるダメージも増えています。
そのため、特別なケアが必要となります。
thinkstock (1754)

ラーゲンの減少で見られるのがたるみ、毛穴の開きです。
肌にハリがなくなることでたるみが生じ、重力に引っ張られることで毛穴が広がります。
thinkstock (1759)

また、30代以降にはくすみやシワ、シミといったものも多く出始めますが、これらの大きな原因は紫外線です。
お肌自体が弱くなっていることから乾燥による影響も受けやすくなるため、乾燥によるくすみやシワというものも目立ち始めます。

また、ターンオーバーが上手に行われないことによるくすみも生じやすくなります。

このように、30代になると洗顔、保湿だけではケアしきれない部分が多く出てくるため、特別なケアが必要となります。

具体的にはどうすれば良いのかというと、基本の洗顔と保湿はとても大事なので手を抜いてはいけません。

ターンオーバーを促進させるため、月1度はピーリングを行うと古い角質が落ちるので効果的です。

そして、たっぷりの化粧水で潤したら、シミやそばかすのある場合はビタミンC配合の美容液や美白クリームを、シワやたるみが目立つ場合はコラーゲンやコエンザイムQ10などのアンチエイジングのクリームを、くすみが目立つ場合は血行を促進させるマッサージクリームを使うと良いでしょう。

エイジング現象は人それぞれ出方が異なりますので、自分の症状に合ったケアを十分に行うことが大切です。

関連する記事

まだ20代のときのお手入れしてるの?30代オトナ女子のための肌ケア術」に関連するキーワード

「まだ20代のときのお手入れしてるの?30代オトナ女子のための肌ケア術」のライター