あちゃ(> <)

あちゃ(> <)

加齢で中年になると男女問わずポッコリお腹や下半身太りにより、今まで楽に履けていたズボンやスカートが履けなくなったり、外見が気になってファッションを楽しめなくなったり、成人病の不安を抱えるようになってきます。

そんな下半身太りを解消する自宅で簡単にできるフィットネスをいくつか紹介します。

①ドローインと腹筋と脇腹を組み合わせた方法

 (381)

ドローインの方法は簡単で、仰向けに寝て、体を真っ直ぐに伸ばし腰の下に手を入れ、手を抜いて、お腹を突き出した状態にして、お腹に手を当て複式呼吸を繰り返す呼吸腹筋トレーニングです。
腹筋が苦手な人はドローインから初めて、慣れてから腹筋に移ります。
始めのうち腹筋がきつい場合は、膝を曲げた状態でやると比較的楽にできます。
慣れてきたら、脚を伸ばしたまま腹筋をやり、同時に脇腹も左右に曲げながら腹筋する事で鍛えられます。
腹筋は無理すると筋肉を傷めるので、やり過ぎないように少しでも筋肉に違和感が合ったら休みましょう。

②有酸素運動

腹筋などの筋トレだけだと下半身太りの脂肪燃焼効果が薄いのでウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を組み合わせる事が有効です。
thinkstock (386)

ウォーキングやジョギングは、毎日やる必要はなく、週に2,3回30分程度やれば十分脂肪燃焼効果が得られます。
ウォーキングやジョギングで失敗しがちなのが、フォームが悪くて足首を痛めることなので、姿勢を良くして行う事が重要です。

室内でもできる有酸素運動

エア自転車

エア自転車

仰向けに寝て、頭と両足を浮かして、下腹部を意識しながら自転車をこぐイメージで約30秒間足を回す運動です。
雨が降ってウォーキングやジョギングに行きたくない時は、室内でも出来るエア自転車がいいですね。

③ストレッチ

ポッコリお腹や下半身太りは姿勢の悪さが原因
ちょっとした工夫で猫背解消!

ちょっとした工夫で猫背解消!

椅子に座った時の姿勢を良くするために、椅子の背もたれに座布団や厚手のタオルを筒状にして挟む事で、自然と猫背が解消され姿勢が良くなります。
上の3つのフィットネスを続ける事で、自宅でも簡単に下半身太りを解消できます。

関連する記事

下半身太りを解消する!自宅で簡単にできるフィットネス」に関連するキーワード

「下半身太りを解消する!自宅で簡単にできるフィットネス」のライター