夏はキンキンに冷えたビールやドリンクを飲みたくなりますよね。
電車やオフィス…冷房で冷やされた室内で、身体は冷え、痩せ体質をつくるのには欠かせない内臓機能が低下してしまいます。

夏でも身体を温めるために、痩せ体質を作る食べ物を取り入れてみましょう!

1、生姜

痩せ体質にもなる、全身を温める食材として、生姜は有名です。加熱をしたり、乾燥をさせたりして、日々の食事に取り入れることができます。

生の生姜は体温を下げますので、食事で口にする際には、加熱調理をすることです。

煮物や炒め物に加えたり、スープにトッピングをしてもいいでしょう。

ホットドリンクで飲むのも、芯から温まりますのでおすすめです。
Ginger-lemon hot black tea ...

Ginger-lemon hot black tea with honey

2、ネギ

痩せ体質を目指して、食事に加えたい食材では、ネギの野菜もあります。

アリシンを含むネギであすが、これが体内の血行を良くしてくれます。
ネギをカットして、それが酸素と無杉ついて、匂いのもとにもなるアリシンになります。

血液の流れが良くなって、内側から暖かくなりますので、新陳代謝も活発になります。
ネギはお味噌汁に加えてもいいですし、焼肉で一緒に焼いても美味しく食べることができます。

豚肉にはビタミンB1が豊富なので、疲労回復のためにも一緒に食べると良い組み合わせです。
夏は特に疲れやすいので、向いている食べ方です。

3、にんにく

身体を温めて痩せ体質にするためには、にんにくの食材もピッタリです。
ノルアドレナリンの分泌が、食事で食べることで向上をします。これによりエネルギー代謝が、とても良くなります。

体内では血液をサラサラにしますし、血液の巡りをよくするためにも役立ちます。

4、とうがらし

身体を温めてくれる食べ物として、とうがらしも代表的なものです。
赤唐辛子だけではなく、 カイエンペッパーや、チリペッパーなど、その種類も豊富なものです。

とうがらしは辛味成分である、カプサイシンが身体をポカポカと温めてくれる働きがあります。

5、ごほう

身体を温める食材として、根菜類のごぼうもオススメです。

食物繊維も豊富ですので、便秘の解消にもなって一石二鳥です。
これらの食材を上手に取り入れて、痩せやすい体質を目指しましょう!

関連する記事

夏でも身体を温める!痩せ体質を作る食べ物5選」に関連するキーワード

「夏でも身体を温める!痩せ体質を作る食べ物5選」のライター