目次

夏になると全国各地で花火大会が開催されますが、鎌倉や熱海などで開催されるイベントは海で行われます♡

海岸からの花火見物は一味もふた味も違ったものになるなどの魅力もあります♡

gettyimages (48817)

鎌倉は長谷寺や紫陽花寺、大仏などでも有名なエリア、三浦半島の付け根部分に位置しており、相模湾に面した場所です。
gettyimages (48816)

毎年、元旦の3が日には鶴岡八幡宮への参拝客で賑わい持ち場所でもあり、一度は出掛けたことがあると言う人は多いのではないでしょうか。

2018年度の鎌倉の花火大会は、第70回目を迎えるイベント、見所と言えるのは、海で行われるなどからも水中花火と言われています!!

gettyimages (48818)

扇の如く広がりを見せる、水面には半円の花を豪華に咲かせるなどの特徴を持ちます。

さらに、砂浜からの見学が出来るので、目の前に打ちあがる花火は迫力を持つなどの魅力もあるわけです。

日程としては、2018年度では7月24日(火曜日)に開催予定で、時間は午後7時20分から午後8時10分までの50分間です。

gettyimages (48823)

夏時期の花火大会の中では比較的早期に開催されるのも鎌倉花火の特徴とも言えましょう。

7月24日が雨天や強風などの悪天候の時、海が荒れて高波になる時には翌日に順延、両日とも開催出来ない場合は残念ながら中止になるようです。

大会が当日開催になるのか否かは、鎌倉市のホームページを利用して確認、開催決定を確認してから出掛けるのがお勧めです。

gettyimages (48829)

場所は、由比ガ浜海岸や材木座海岸などで、これらの場所は江ノ電を利用して出掛けることになりますが、当日は大変混雑するため、余裕を持って出掛けるなどが大切です。

一方、熱海の場合は、海上花火大会に人気を集めています。2018年度においては春・夏・秋・冬に行われるのが特徴です!!

花火と聞くと夏のイベントなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、熱海は有数の温泉地帯であり、数多くの旅館やホテルが集まっています。

gettyimages (48843)

真冬の花火を砂浜で見学、とても寒くて見学などは出来ません。
gettyimages (48840)

しかし、海沿いにあるホテルなどは客室から花火を眺めることが出来る施設も多いのです。

春は4月に2度、5月に2度、6月に2度の開催が行われています。

いずれも土日に開催されているので、熱海に宿泊した人の中には既に感動的な花火を見たと言う人も多いのではないでしょうか。

2018年の夏の場合は、7月に2度、8月に5度の開催予定になっており、時間は午後8時20分から午後8時5分までの30分間です。

gettyimages (48836)

会場となるのは熱海湾で、雨天決行になります。尚、開催時刻は季節に応じて異なるので予め調べておくと便利です。

春・秋・冬は午後8時20分から午後8時45分までの25分間、夏時期よりも若干短めです。
gettyimages (48848)

ちなみに、ホテルからの見学の場合は、早めに宿の予約を行っておくのがお勧めで、花火大会が開催される時には満室になることも少なくありませんし、客室に応じて花火を見ることが出来る部屋と見ることが出来ない部屋もあるため、予約時に確認が大切です。

ちなみに、熱海の花火は昭和27年に第1回目を開催、2018年度で67回目を迎えることになります!

gettyimages (48846)

伝統ある熱海の花火大会に足を伸ばしてみてくださいね♡

関連する記事

夏の大人の嗜み♡花火大会情報2018 〜熱海・鎌倉〜」に関連するキーワード

「夏の大人の嗜み♡花火大会情報2018 〜熱海・鎌倉〜」のライター