目次

ビーガンライフしてみませんか♡??

ビーガンという言葉は、日本では、まだそれほど馴染みの薄い言葉かもしれません。

ビーガンという言葉は、日本語で表すならば、完全菜食主義といった定義があてはまります。

thinkstock (31635)

もともとはイギリスではじまり、海外を訪れた際には、レストランやスーパーマーケットで、グルテンフリーなどという文字と同じくらい、ひんぱんに見受けられるのが、このビーガンという文字であることに気が付くでしょう。
ベジタリアンという言葉は、日本でもかなり普及しています。

ベジタリアンという言葉は、日本でもかなり普及しています。

もともと、日本でも、菜食主義者は存在していたものですし、現代人にも受け入れやすいといえます。
gettyimages (31631)

ビーガンとベジタリアンとの違いについて挙げるとすれば、そもそも、ベジタリアンという定義には広い範囲があり、なかには、菜食主義といっても、乳製品や卵は食べるという人もいるようです。

そんな中で、ビーガンというのは、完全菜食主義者であり、はちみつなどの摂取を控えたり、食生活にさらに気を使い、健康志向が強い人が多いともいえます。

動物性の食材を徹底的に口にしないのがビーガンの考え方。

動物性の食材を徹底的に口にしないのがビーガンの考え方。

鶏の生んだ卵、牛の子どもの為の牛乳、蜂が集めた蜂蜜このようなものも口にしません。

そして、動物の毛を使った衣類も着ないという方もいます。

このような傾向は、日本のオトナ女子にも強い影響を与えつつあるようです。

ビーガンライフのメリットとは??

thinkstock (31646)

特に、年齢とともに、アレルギーの症状がひどくなったり、慢性的な体調不良に悩まされていたり、美容に関心が高いオトナ女子にとって、食生活を見直すということは、最も基本的で重要なことであると捉えられているのが原因といえるでしょう。
実際に、かつて、食生活を見直したことで、体調の変化を実感したり、お肌が元気になったり、などという効果を実感したことがある人にとっては、完全菜食主義を貫けば、さらに体にとって良い結果が得られるのではないか、と期待も大きくなります。
thinkstock (31651)

健康や美容のために、高価なサプリメントを購入したり、高級な化粧品を使用するということも、実際には効果があるのかもしれません。


でも、そのようなことは、外から与えるというものであり、体に必要ではない成分が含まれていることも珍しくありません。

アレルギーなどを持っている人であれば、その成分が邪魔をして、逆効果になる可能性も考えられます。

thinkstock (31658)

オトナ女子にとっては、そのような失敗は取り返しのつかないことになるケースもあり、例えば、アレルギーで肌荒れを起こしてしまったり、それが原因でシワができてしまうと、元の肌の状態に戻すことは至難の業です。
thinkstock (31660)

それに対して、ビーガンのように、徹底的に口に入れるものにこだわるという姿勢は、よけいな添加物などの害から体を守ることにもつながるので、心身共に安心した生活を送ることができるようになる魅力も秘めています。

これまで、ジャンクフードのような体に良い影響を与えないような食生活を送ってきた人にとっては、完全菜食主義の生活は、とても物足りなくて、満足できないかもしれません。。。

ベジミートなどの代替品もあるので上手に取り入てみてください。

ベジミートなどの代替品もあるので上手に取り入てみてください。

しかし、それをストレスに感じることがなく、楽しんで取り組んでいくことができるのであれば、そのような食生活で充実した毎日を実感できるようになることでしょう。


オトナ女子が高い関心を寄せるのも納得といえます。

SNSを利用してみる♡

最近では、インターネット上で、自らの情報を世界中に向けて発信することも容易です。

また、世界中の一般の人の情報を知ることも同様に手軽にできるようになっています。

thinkstock (31627)

ですから、一見すると、制約が多く、大変そうな完全菜食主義の生活も、オシャレに楽しんでいる人たちの様子を知ることで、自分自身の励みにもなり、また、自分がそのような情報を発信することで、やりがいにもつながっていくといえます。

世界中の人たちと、情報を交換したり、共有しながら、美容や健康のための生活を送っていくことは、とても魅力的な楽しさを与えてくれる貴重な存在ともいえるでしょうから、これからも人気が高くなりそうです。

関連する記事

健康志向のオトナ女子に話題の♡ビーガンライフ♡」に関連するキーワード

「健康志向のオトナ女子に話題の♡ビーガンライフ♡」のライター