目次

寒くなってきて、お肌の乾燥が気になりませんか??

thinkstock (22583)

冬は空気が乾いているので、お肌が乾燥してしまうのは仕方がないと感じる人が多いですが、最近はエアコンの普及により一年中乾いている状態です。

仕方がないと諦めていると、乾燥はどんどん進んでしまうので、負けないための肌作りを行いましょう。

スキンケアをするのに高価な化粧品を使わないといけないと思っていませんか??

スキンケアというと、高級なクリームを使ってと考える人もいますが、それは間違いです。

thinkstock (22565)

どんなに高いスキンケア用品を使っていても、使い方が間違っていたら効果が半減してしまいます!

帰宅後はできるだけ早くメイクを落とし、お肌の負担を軽くしてあげましょう。

istockphoto (22564)

疲れてメイクをしたまま寝てしまうという事を防ぐ為にも、帰宅したらすぐメイクを落とす習慣をつけておくのも良いですね!!

夜の洗顔は、お肌をいたわる気持ちで、泡立てた状態で行います。

gettyimages (22561)

手がお肌に触れないように、泡がクッションの役割をしてくれるように気を付けるのがポイントです。

泡を流すのも、シャワーでは必要なうるおいまで流れてしまいます。

thinkstock (22568)

洗面器にぬるま湯を用意して、きれいに流しましょう。

洗浄力が強すぎる洗顔料も避けるようにします。

何より大切なのは、洗顔後すぐにスキンケアをする事!!

gettyimages (22584)

メイクを落として洗顔された肌はとても敏感な状態です、タオルで拭く時も、ゴシゴシこするようなことはせず優しく拭き取りましょう!

そして、美容の上で欠かすことができないスキンケアは、洗顔後すぐに始めます。

水分が蒸発しやすい状態なので、化粧水をたっぷり手に取って、お肌に付けていきます。

目元や口元など、乾燥が気になる部分は二度付けしてもいいでしょう。

必要なうるおいをお肌に与えたら、今度はうるおいを閉じ込めるために、クリームや乳液を使います。

gettyimages (22589)

油分はお肌に良くないと考える人がいますが、これは間違いです。

せっかく化粧水で水分を補給しても、油分の入ったクリームで蓋をしなければ、蒸発していってしまいます。

油分はお肌に必要なものだという認識に改めましょう。

クリームを使う際には、手のひら全体の伸ばしてあたためておくと、浸透率が高くなります。

gettyimages (22592)

あたためたクリームを顔全体に塗ったら、手のひらで乾燥しやすい部分を覆っておくと、クリームがなじんでお肌への吸収率も高くなります。

大切なのは続ける事・・・♡

慣れるまでは時間がかかると感じますが、慣れてしまえば毎日手軽にできるスキンケアとして習慣化します。

同じ美容アイテムを使っても、意識を変えるだけで乾燥知らずのうるおったお肌になることができます。

関連する記事

乾燥の気になる季節!乾燥に負けない肌づくり初めてみませんか?!」に関連するキーワード

「乾燥の気になる季節!乾燥に負けない肌づくり初めてみませんか?!」のライター