目次

春になり花粉の季節になってきました。。。

thinkstock (45870)

早い人では年明けくらいから花粉を感じると言われています。

暖かい春の訪れを喜ぶためにも、春に花粉撃退するためにきちんと掃除をしなければいけません。

花粉対策の掃除のコツですが、まず一つ目のポイントとして床の掃除を朝一番で行うことがあげられます。

thinkstock (45863)

花粉のみならず部屋の空気中に含まれている塵は、その部屋にいる人間がいなくなって空気の流れが収まると床に落ちて積もってきます。

翌朝起きて家族が歩きまわるとあっという間に花粉や塵は空気中に戻ってしまうのです。

そのため花粉は朝一番にそうっとふき取ってしまう掃除の仕方が大事になります。そうすることで空気中への戻りを最小限に抑えられます。

二つ目のポイントは拭くという掃除法を駆使することです。

この季節にはハタキとかほうきを使用するのは控えることが大事です。

掃除機も移動をする際に排気が床の上のホコリや花粉を舞い上げてしまいがちです。

thinkstock (45874)

掃除機も移動をする際に排気が床の上のホコリや花粉を舞い上げてしまいがちです。

どうしても使わないといけない時には、同時に空気清浄器をハイパワーで稼働させます。

拭きあげる際には、使い捨てができるウエスやシートを使うのがおすすめです。

さらにエアコンのフィルターもきちんときれいにしておくことが三つ目のポイントです。

エアコンのフィルターは花粉が付着しがちな場所です。

thinkstock (45846)

花粉は2月から8月までと、暖房や冷房をよく使う時期に飛散をしています。

最低でも一か月に一回は水洗いをしなければいけません。

四つ目のポイントは窓のサッシ部分になります。

ここはちょっとした換気などでも花粉が侵入してきますし、溝になっていることもありたまりやすい場所になっています。

thinkstock (45859)

ここをきれいにする場合にはウェットティッシュを使って丁寧にふき取るのがいいのですが、指がはいらないような狭い場所になるとどうしても拭き残しが出てきてしまいます。

そういった場合には、コップや空のペットボトルなどで汲んだ水をかけて洗い流して、そのあとに雑巾で拭きとるといった方が効果的ですし手間もかかりません。

五つ目のポイントは、掃除の際に換気をする場合には必ずカーテンがついている窓で行うことです。

thinkstock (45856)

花粉が大量に入ってきたとしても大半がカーテンに付着するので換気を済ませたあとによく絞った濡れタオルとかコロコロの粘着シートなどで表面を拭き取ったら大丈夫です。

こうするだけで家の中に花粉を入れることなく換気をしながら家の中をきれいにすることができるのです。

thinkstock (45853)

花粉の流れを知り、花粉を家の中に入れないことはすごく重要です。私は帰宅をした時に、家に入る前にコロコロを使って拭くに付着している花粉をとってから入るようにしていました。
thinkstock (45858)

また、衣類用ブラシを使ったりもしていました。
こういったことに注意をしていたらだいぶ花粉症の症状が落ち着いてきたなと感じています。

五つのポイントは徹底的に注意し、自分が家に入る時にもなるべくもって入らないようにすることで家の中では快適に過ごすことができています。

関連する記事

花粉撃退!! 春のお掃除5つのポイントまとめ」に関連するキーワード

「花粉撃退!! 春のお掃除5つのポイントまとめ」のライター