肌のシミの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか??

私もその一人です。
シミの悩みは加齢に伴いどんどん深刻になってきています。

小さなシミが無数にあり、年々濃くなってきているシミもあります。
thinkstock (34373)

ファンデーションではカバーできないほどのシミもあるので、化粧下地やコンシーラーやパウダーを丁寧に重ねないと上手く隠せず、毎朝のメイクに膨大な手間と時間がかかってしまいとても困っています。。。

シミができる前に防ぐ事が大事!!

シミができる原因には様々なものがありますが、最も大きな原因といえば紫外線です。

紫外線を浴びると肌へのダメージとなり、メラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を引き起こします。

それが肌のシミとなります。

ですので、シミを予防するためには徹底的な紫外線対策が必要になります。

私もこのままではどんどんシミが増えたり濃くなったりして見た目年齢にも大きく影響してしまうという危機感を抱くようになったので、本格的な紫外線対策に努めることにしました。
紫外線が降り注ぐのは真夏に限ったことではありません。

3月頃から紫外線量は徐々に増え始め、5~8月にかけてピークとなります。

その後10月頃までは紫外線量が多い状態が続くので油断大敵です。

夏だけではなく、春や秋もしっかりと紫外線対策をする必要があります。

飲む日焼け止めで効果倍増?!

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのダブルの対策で徹底的に紫外線から肌を守ることができます。

thinkstock (34356)

今までは、日焼け止めを塗る、日傘をさす、つばが広めの帽子をかぶる、UVケア効果がある化粧品を使用する、UVケア効果がある洋服を着るなどの対策で紫外線から肌を守っていましたが、それにプラスして飲む日焼け止めで体の中からの紫外線対策も行うことにしました。

飲む日焼け止めの代表格といえばビタミンCです。

ビタミンCには強力な抗酸化作用があるため、メラノサイトから生成されたメラニンの色素沈着を抑制する効果が期待できます。

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、体の中にストックしておくことができません。

thinkstock (34366)

体の中で使われなかった分は全て尿と一緒に体の外に排出されてしまうという性質を持っているからです。

ですので、一気にたくさん摂取するのではなく、こまめに少しずつ摂取するということを心がけました。
ビタミンCは過剰摂取による副作用などの心配がほとんどないので積極的に摂取することができます。

ビタミンCはストレスや疲労や喫煙などにより失われやすい成分なので、しっかりと補いましょう。

スキンケアも忘れずに!!

thinkstock (34372)

塗る日焼け止めや飲む日焼け止めや日傘や帽子やUVケア効果がある化粧品などによる紫外線対策と同時に積極的に行うべきこととして化粧品によるスキンケアもあります。

肌にたっぷりをうるおいを与えて保湿をすることが大切です。

保湿により角質のバリア機能を高めてターンオーバーを促進させることができます。

thinkstock (34381)

ターンオーバーが促進されれば肌細胞の再生もスムーズにいくようになり、メラニンの色素沈着が起こりにくい健やかな肌環境に導くことができます。
thinkstock (34379)

ですので、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの保湿効果がある美容成分が豊富に配合されている化粧品を選んで丁寧なスキンケアを心がけました。

パックやピーリング剤やふき取り化粧水を使用して角質ケアもしました。

化粧水を肌になじませる前にはブースターも使用するようにしています。
これらの一手間をスキンケアにプラスして角質を健やかに柔らかく保つことで化粧水や美容液の浸透力を格段に高めることができ、うるおいや美容成分を角質層の奥の方まで行き渡らせることができます。

本格的な紫外線対策を行うようになってからは肌のコンディションがとても良くなり、透明感もアップしました。

これからも積極的なケアに努めてシミのない美肌を目指したいです♡
thinkstock (34374)

最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

関連する記事

塗るだけじゃ防げない! 体の中から日焼け対策!!」に関連するキーワード

「塗るだけじゃ防げない! 体の中から日焼け対策!!」のライター