目次

飲む日焼け止めを味方にして紫外線対策してみませんか?!

紫外線対策はなにも紫外線が気になる夏の時期だけのケアでは収まりません。

gettyimages (49841)

近年では美肌やしわなどアンチエイジング対策ケアとして、1年を通して紫外線ケアを行う方も増えています。

しかし美容に欠かすことができなくなったこの紫外線対策で、つい見落としがちになってしまうのが使用する日焼け止め適切な量や塗り方、回数などがあります。

自分では十分に日焼け止めが塗れていたと思っても、実は全く足りていなかったというケースも少なくありません。

また間違った塗り方やこまめな塗り直しを行わないなどと、多くの見落としが目立ちます。

塗り直しなどの心配をする必要がない魅力的な日焼け止めが飲む日焼け止めと言えます!!

そのためただ飲むだけ簡単に紫外線をカットする効果が期待できる大きな魅力があります。

gettyimages (49850)

塗るより効果的な働きを期待することができる飲む日焼け止めは、紫外線対策に対してその効果が出ると十分に証明された成分が規定量以上配合しています。

ただお肌に塗るタイプの日焼け止めクリームは、汗や水での影響を受けやすいデメリットがあります。

gettyimages (49833)

ですから1日を通して運動や暑さで汗をかいたり、水で流れるなどしせっかく塗布した日焼け止めが落ちてしまうリスクが心配です。

せっかくの日焼け止めクリームの効果もこれでは半減してしまいます。

一方、飲む日焼け止めタイプはこのような心配をする必要がありません。

gettyimages (49837)

そんな心強い紫外線対策となる飲む日焼け止めは、選び方のポイントをしっかりと把握することが大切です。

まずは配合されている成分にしっかりと目を通し、安心安全であるかをチェックします!!

植物由来などの成分がおすすめです。 特にここで注目すべき成分は、植物由来から作られているニュートロックスサンです。

ニュートロックスサンの抗酸化力は、紫外線のダメージだけでなく肌の老化を食い止めるとも考えられています。
日焼けに加えて肌老化にも効果があるだなんて嬉しいですね!

このニュートロックスサンはシトラスの果実やローズマリーの葉から採取されているナチュラルな成分です。

gettyimages (49867)

植物由来成分ですので安心して飲むことができます。

素晴らしい働きがあり、紫外線によって引き起こされてしまうシワやシミなど、お肌の老化に関係する活性酸素を取り除く作用に優れていいます。

また国産の商品であるかもしっかりと確認する必要がある理由は、ずばり私たち日本人の体質との相性にあります。

海外産の飲む日焼け止めの商品である場合、内容量や成分が日本人向けに作られていないため、合わない可能性も無視できません。

gettyimages (49859)

安全性に配慮すれば、国産が日本人の体質に合わせた処方であると考えられます。

プラス金額も無理のない負担のかからない程度の値段が妥当です。

飲む日焼け止めは紫外線が気になり始める季節から服用すると考え、秋頃までと見越してもおおよそ半年は飲む計算になります。

gettyimages (49864)

そのためあまりにも高額すぎる商品は、継続して服用することができないので、せっかくの効果を得るまでの働きの恩恵を受けられない場合も無視できません。

また飲むよりも効果的な塗る日焼け止めは、必須です!塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用して使用するとさらにパワーアップしてくれます!!

関連する記事

内側からも紫外線対策できるって本当?! 話題の飲む日焼け止めの選び方」に関連するキーワード

「内側からも紫外線対策できるって本当?! 話題の飲む日焼け止めの選び方」のライター