ハロウィン気分になりたいオトナ女子が気をつけたい事。。。

ハロウィンは欧米の文化であり、日本ではまだまだ馴染みの薄い文化となっています。

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある
若者はこうした文化にすぐ順応し、思い思いの仮装をすることができますが、オトナ女子と言われる人はいきなりこうした仮装をすることが周りにどのような影響を与えるかをよく知っています。

オトナ女子なりの楽しみ方というものが存在し、それを実践することでほかの女性とはまた違う姿を見せつけることが可能となります。

オトナ女子のハロウィンの楽しみ方とは??

thinkstock (15516)

仮装のグッズやメイク用品もお店に沢山並ぶようになりましたが、オトナ女子として見極めなくてはなりません。。。

職場、もしくは会社の同僚と一緒にハロウィンを楽しむ場合、いきなり思い切った仮装をすることは周囲を驚かせてしまい、気まずい空気が流れる可能性があります。

そのため、最初のうちはハロウィンと称してお菓子を配るなど、周囲に配慮した楽しみ方ということが必要です。

thinkstock (15509)

お菓子のチョイスや、ハロウィンに合わせて手作りしてみるなどするとオトナ女子のセンスをアピールできますね♡
そして、どこからともなくハロウィンを楽しもうという空気になれば、工夫したメイクをするのではなく、帽子を被る程度の仮装で雰囲気を味わうというのがおすすめです。

そうすることで周りにも幸せな空間が広がることとなります。

ハロウィンパーティーの場合は??

パーティーを行う場合には、気心の知れた仲間と行うため、多少手の込んだ仮装というものをしてもいいでしょう。

自らの家で行う際にはもてなす側に専念し、仮装はある程度抑えて、客人をもてなすことを徹底することでオトナ女子としての存在感を出すことができます。

gettyimages (15532)

仮装に気合いを入れるのではなく、、、、
仮装はオトナ女子らしく控えめで♡
thinkstock (15534)

手作りのカボチャ料理でもてなすなどすると、女子力もアピールできますね♡

特に男性がいる場合には、一歩引いて楽しむことで大人の女性をアピールすることができるため、ライバルに先行することが可能です♡

thinkstock (15531)

オトナ女子らしくハロウィンを楽しんでくださいね!
thinkstock (15504)

ハロウィンパーティーのオススメアイテムなどはまたの機会に・・・♡

関連する記事

ハロウィンだけど派手な仮装はちょっと(汗)な、オトナ女子の楽しみ方♪」に関連するキーワード

「ハロウィンだけど派手な仮装はちょっと(汗)な、オトナ女子の楽しみ方♪」のライター