目次

春になり、毎日のスキンケア少し油断し始めていませんか??

暖かくなってきて、冬の寒さ乾燥から解放されると浮き足立ってしまいそうな季節ですが、春の肌トラブルもなかなか曲者です。

gettyimages (31094)

肌荒れで表面がザラザラしたり。

敏感肌になっていたり、プツプツと出来物ができたり、いつもの化粧品がなんとなくあわないきがしたり、そんな経験覚えがある方も多いんじゃないでしょうか?
istockphoto (31098)

一時的に乾燥肌やニキビなど肌トラブルがおこりやすく、ケアをせずに放っておくとシミやシワの原因になってしまうので気をつけねばいけません。

春だけでなく、一時的に不安定な状態の肌のことを『ゆらぎ肌』といいます。

そして春のゆらぎ肌は、一年の中で最も気をつけなければいけない時期です。

何故ゆらぎ肌になってしまうのか??ゆらぎ肌の原因は???

thinkstock (31097)

ゆらぎ肌になる原因を知れば、なるまえに防げるはず。
きちんと予防して春の時期を乗り切りましょう!!

一つ目は、気温の差と空気の乾燥です。

thinkstock (31101)

暖かくちょっと汗ばんでしまうくらいの天気の次の日には、冬に逆戻りかと思うほど寒くなったりと春の天気は差があります。

また昼と夜の寒暖差も大きくて、その変化に肌はついていくことが出来ずにゆらぎ肌を引き起こしてしまいます。

空気の乾燥と聞くと冬というイメージが強いですが、実は春も凄いのです。

その理由は春にやってくる移動性の高気圧が乾いた空気を持っているためと、冬よりも春のほうが気温が高くなって空気中の水分が蒸発しやすい状態になっているためです。

その結果、冬と同じレベルで空気が乾燥しやすい状態になってしまうという訳です。

二つ目は、紫外線の急増です。

thinkstock (31105)

ぽかぽかと気持ちよくて、おひさまにあたりながらうつらうつら...なんてことも多い春ですが、3月頃から紫外線の量が急激に増え始めまてしまうんです。

しかも春は一年でもっとも紫外線A波が多いのです。紫外線A波は、メラニンを増やしてシミの原因を作ったり、ハリや弾力のもとになる細胞を破壊してしまったりと肌の敵です。

三つ目は、環境の変化によって起こるストレスです。

thinkstock (31109)

春は新生活の始まりです。
進級、進学、入社、部署の配置換え、子供の入園、入学など、あまり意識していなかったり、ストレスを自分が感じていなくても生活の変化はストレスの原因となってしまうのです。

春特有の不安定な気温や気候が、ストレスの原因になる人もいるかもしれません。

gettyimages (31110)

このストレスによって、ホルモンや自律神経が乱れてしまいゆらぎ肌を引き起こす原因の一つになってしまうのです。

そして最後は、花粉による刺激です。

thinkstock (31091)

花粉の飛散量が増える春には、多くの人がくしゃみや目の痒みなどのアレルギー反応を起こしますよね。

肌の上でも同じことが起きていて、かゆみや乾燥などの肌トラブルが起こってしまうのです。

そんな、春のゆらぎ肌に対抗するための美容ケアは・・・?!

保湿をしっかりすることです!!

gettyimages (31115)

保湿が不十分な肌では、肌に元々備わっているバリア機能を充分に使うことが出来ないのです。
バリア機能が上手く機能していない肌では、春の刺激を防ぐことが出来ず、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

バリア機能の崩れは、新陳代謝であるターンオーバーの周期も短くしてしまいます。

その結果、バリア機能が未熟な細胞のまま外にでてしまうことになり、肌荒れを起こしやすい状態を作るという悪循環になってしまいます。

毎日のケアで肌に潤いを与えそれをしっかり保湿してあげることで、元々自分の持っている肌のバリア機能を高めて、肌が生まれ変わる力を保ってあげましょう。

勿論、三食バランスのとれた食事やしっかりとした睡眠も重要です。

さらに、紫外線A波はカーテンをすりぬけてしまうので、室内だからと油断せずに紫外線対策をしてあげましょう!

花粉は油分が多いファンデーションに吸着しやすいので避け、帰宅後はすぐにメイクオフするようにしましょう。

ちょっとした心がけてで春のゆらぎ肌は予防できるので、何かとストレスの多い春ですが、しっかりスキンケアする事で、ゆらぎ肌を乗り切りたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

関連する記事

春の肌トラブル 〜『ゆらぎ肌』にならないために気をつけたいこと〜」に関連するキーワード

「春の肌トラブル 〜『ゆらぎ肌』にならないために気をつけたいこと〜」のライター