目次

関西のお花見スポットとして、特に多い県で言うとやはり京都府のイメージではありませんか?!

春に京都なんて最高ですね♡

春に京都なんて最高ですね♡

しかし、せっかく関西の桜の名所おすすめ5選を選ぶわけですから、なるべく偏りなく紹介していければと思います♡

まずは、奈良県の吉野山です。

下千本、中千本、上千本、奥千本と四つのエリアに分かれ、四月初旬頃の下千本の開花から、下旬の奥千本の見頃まで長く楽しむことができます。
 (29501)

施設ではないため、入場料や開閉館の時間等気にすることなく楽しむことができます。

夜はライトアップがされており、それも見物の一つとなっています。

次は大阪から、造幣局の桜の通り抜けです。

四月中旬頃が見頃で、それ以外の期間では観賞ができません。

 (29503)

桜の季節に期間限定で解放期間が発表され、
10時から21時までの間解放されています。
造幣局には駐車場がないため、車で行かれる場合は近隣のコインパーキングを利用することになります。

しかし、その時期は混雑が予想されるため、公共交通機関を利用したほうがよいでしょう。

そして、滋賀県からは、国宝彦根城です。

ゆるキャラひこにゃんで一躍有名になりましたが、桜の名所でもあります。

琵琶湖畔も望むことのできるロケーションで、彦根城の景観とともにお花見を楽しむことができます。

内堀沿いの観賞は自由ですが、彦根城に入山する場合、8時30分から17時までとなります。

入山料は大人600円で、駐車場は400円です。JR彦根駅から徒歩10分とアクセスも良いため、そちらも便利です。

そして、最後が京都府からです。

まずは嵐山で、紅葉の名所でもありますが、お花見時期もおすすめです。

特に、桂川、渡月橋、嵐山が一望できるポイントから見るのが絶景です。

ちなみに、トロッコ列車などにも乗車ができるので、こちらも合わせて楽しむことができます。

そして、最後はなんといっても醍醐寺ではないでしょうか。

花の醍醐とも言われ、豊臣秀吉が愛したことでも知られています。

醍醐寺も世界遺産となっており、寺自体が見るべきものとしてその存在感を放っています。

以上、関西のお花見おすすめ5選でした。

関西のお花見の注意点!?!?

これらのスポットに行く際には、桜の開花状況はしっかり確認していきましょう。

特に、山のエリアは開花時期がずれることもよくあります。

そして、交通手段に関しては、混雑状況などを見ながら選択しましょう。

特に、京都、大阪に関して言うと、道路の混雑もさることながら、駐車場の混雑が予想されますので、極力公共交通機関を利用することをおすすめします。

関連する記事

2017 お花見スポット5選 〜関西編〜」に関連するキーワード

「2017 お花見スポット5選 〜関西編〜」のライター