目次

そろそろ暖かくなってきて本格的に春のファッションや春メイクが楽しめる季節になってきましたね♡

thinkstock (30164)

でも、ピンクのメイクって、実は苦手な人が多いのです。アイメイクだったら目が腫れぼったく見えがちだったり、チークでしっかり取り入れたら、やたら子供っぽくなり過ぎたり。。。

そんな季節において、幸せオーラたっぷり溢れる愛され女子を演出するメイクのキーポイントはやはりピンクです。

意外と難しい色であるピンク。上手に取り入れて可愛く使いこなすには、ちょっとしたコツが必要です。

まず、真っ先に初心者でも取り入れやすいのがチークです。

以前はがっつり頰にカラーを乗せるのが主流でしたが、現在はナチュラルに仕上げるのが今っぽくて、洗練されて見えます。

春先は、さりげなく頰を染めるベージュ系やコーラル系のピンク色がおすすめです。つけ方も、あくまでさり気なく、つけているかつけていないか分からないくらいの方が他のパーツのメイクが映えます。

しかし、やはり今春のトレンドとして力を入れたいのはアイメイクです。

新作も、綺麗な桜色を基調としたりイメージしたアイシャドウがたくさん発売されているので、一つ取り入れるだけですぐに旬な幸せオーラ顔を作ることができます。

アイシャドウは意外と初心者でもトレンドを取り入れやすい上、簡単に印象を変えられるので愛され女子になるために今すぐ何か変化をつけたい!という方にはまずはアイシャドウから春メイクを取り入れると良いでしょう。
 (30157)

アイメイク、チーク、リップとピンクのトーンをあわせたメイクもオススメです♡

その際に、野暮ったくならないために必要なテクニックとしては、グラデーションよりも単色でアイシャドウを使って見ることです。

ラインを引かないと抜け感も演出できます♡

ラインを引かないと抜け感も演出できます♡

 (30167)

今まで長いことアイシャドウはグラデーションで使うことがトレンドでしたが、現在のトレンドでは単色で取り入れ、色をしっかり見せることでフレッシュで新鮮な顔を作ることができます。

間違うと腫れぼったくなりがちなピンクですが、選ぶ色味としては、春らしいパステル系のもの、もしくは逆にくすみ系やモーブ系のものなど、はっきりした個性のある色味を選ぶのがおすすめです。

thinkstock (30169)

その方が潔い印象を演出できる上に、単色で使うとなると、意外とそういった個性のある色味の方が使いやすいはずです。
 (30176)

つけ方としては、まぶたにしっかり色をのせるというよりもラフに仕上げたいので、指などでさっとひと塗りするようなさりげないのせ方がおすすめです。

そうすることで、フレッシュかつこなれた雰囲気の幸せオーラを演出することができます。

thinkstock (30173)

柔らかく仕上げたいので、ブラウンのアイラインが基本ですが、少し遊びを加えてブルーや紫などのアイラインを引くのも新鮮かもしれません。

単色使いで少し物足りなければ、仕上げにアイラインを引いてみると良いでしょう。

リップは、しっかり色をつけることで春の華やぎを演出したいので、グロスよりも口紅をおすすめします♡

他のパーツは控えめに仕上げて、リップを主役にしてみるのも春メイクらしくて良いですね。

今季なら青みのニュアンスのピンクがオススメ♡

今季なら青みのニュアンスのピンクがオススメ♡

選ぶ色味としては、春の季節ですので青みのある少し華やかなピンクにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

リップを主役にするのであれば、ささっと塗るのではなくしっかり丁寧に塗ることが大事です。

色をはっきり見せたいのであれば、最初に唇にコンシーラーを塗って元の唇の色を消してから口紅を塗りましょう!

thinkstock (30149)

口紅を ブラシにとって、丁寧に輪郭を縁取りしながら塗っていくと、持ちも良くなりますしいつもとはまた違った雰囲気を演出することができるでしょう。
いかがでしょうか?春メイクは、テクニックいらずでもアイテムを揃えることで簡単に今までとは違う雰囲気を演出できます。

ぜひ、愛され女子を目指してチャレンジしてみてください。

関連する記事

幸せ女子を演出! 春のピンクメイク♡」に関連するキーワード

「幸せ女子を演出! 春のピンクメイク♡」のライター