目次

夏なのにいつもと同じメイクしていませんか?!

夏のメイクは素肌のようなツヤ肌を作ることがポイントです♡

素肌のような夏メイクをすることによって、フレッシュでみずみずしい夏らしさを感じさせます!

しかし、注意したいのが潤いで作られたツヤのある肌と、皮脂によるテカリは大きく違うということです。

thinkstock (35547)

ツヤのある肌とテカリを勘違いしてしまう人もおり、テカリをそのままにしてしまうとベタつきがきになる肌になってしまうため注意が必要となります。

夏のツヤ肌の作り方♪

ツヤ肌を作るメイクをするために、まず重要なのが美容の基本でもある保湿と紫外線対策のできる下地を使っていきます。

紫外線はダメージになってしまい、肌の潤いを奪ってしまいます。

thinkstock (35545)

また、ダメージが蓄積することによってシミの原因となってしまいます。

それを避けるためにも下地は薄いながらもしっかり密着するタイプで日焼け止め効果のものを選んでいきます。

それと同時に保湿効果のあるものを選んでいくことで、肌の乾燥を防いでツヤのある肌を作ります

保湿成分があるものを使えば、夏のエアコン対策としても活用できます。

下地の中には皮脂を吸収してテカらないようにする機能があるものを選んでしまうと、テカっていないマット肌になってしまうこともあるため注意が必要です。

thinkstock (35559)

マット肌は、キメが細く見え、上品で落ち着いた雰囲気を出すことができますが、夏向きとはいえない肌の状態になります。

下地に潤い成分がありツヤを作ったとしても、ファンデーションを厚塗りしてしまってはナチュラル感が失われてツヤのある肌を作れなくなってしまいます。

それを避けるためにも、ナチュラル感の出せて薄くつけることのできるリキッドタイプのファンデーションを使います。

thinkstock (35568)

適度なカバー力のあるリキッドファンデを選ぶことがポイントです。

薄く塗ることを意識しながら手の平でしっかり広げて薄く均一に塗りこんでいきます。指先で額、頬、鼻、顎につけていき、中指と薬指の腹を使って顔の中心から外側に向かって素早くつけていきます。


全てつけ終わったら、ティッシュを一枚に分けて顔全体を押さえて余分なファンデーションをとります。
thinkstock (35569)

ニキビやシミなどはコンシーラーで隠していきます。

隠したい部分よりも気持ち広めにコンシーラーをのせて密着させるために指で優しく押さえて、周りを綿棒で優しく周囲となじませます。
gettyimages (35561)

リキッドファンデーションは元からフェイスパウダーでも仕上げなくても良い仕様になっていますが、どうしても皮脂がきになるという場合にはフェイスパウダーを利用します。

皮脂が多いTゾーンや唇の下などの一部分にだけフェイスパウダーは使います。

ほほ骨あたりに使ってしまうとツヤ肌感がなくなるため注意が必要です。

様々なフェイスパウダーがありますが、透明なフェイスパウダーは適度に皮脂を抑え、ベビーピンクのフェイスパウダーはナチュラルに血色をよくしながらもツヤ感がある仕上がりにできるため、部分使いではなくしっかり顔全体に使いたいという人でもオススメなアイテムになります。

ツヤ肌はメイクは基本を押さえることによって作ることができます!

しかし、素肌を美しくするというのも重要です。素肌からツヤを出すためには潤いが重要となってきます。

スキンケアをするときにはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの潤い成分の含んでいるものを使ってしっかり素肌を乾燥させないようにしていきます。

thinkstock (35558)

夏の肌の悩みになってしまうテカリも肌を潤わせることで防ぐことができますが、スキンケアだけでは間に合わないというときにはベースメイクでコントロールしていきます。

夏のメイクは汗でちゃんと行うことは難しいと思う人もいますが、保湿をしっかり行った肌とメイクで美しい肌をつくることが夏を楽しむためにも大切です。

関連する記事

夏のメイクは『ツヤ肌』がキーワード♡!!」に関連するキーワード

「夏のメイクは『ツヤ肌』がキーワード♡!!」のライター