目次

島のブランド石垣牛を堪能しよう!島内にはおいしい石垣牛が食べられる焼肉店やステーキ店が多数あります、オススメのお店「炭火焼肉やまもと」「石垣島たきうち牧場浜崎本店」「山ちゃんの部屋」の3つを紹介します。

Ishigaki beef

Ishigaki beef

島のブランド「石垣牛」

沖縄県内で3番目に大きい島である石垣島は、温暖な気候と豊富な草地から肉牛の飼育がさかんです。また美しいビーチや神秘的な鍾乳洞があり、年間で120万人以上の観光客を集めています。ですから島内にはおいしい石垣牛が食べられる焼肉店やステーキ店が多数あるので、オススメのお店を3つ紹介します。
Ishigaki's beef barbecue

Ishigaki's beef barbecue

炭火焼肉やまもと

1軒目は炭火焼肉やまもとです。場所は石垣島の南西部、石垣市役所や港の近くで、駐車場があります。石垣市立八重山博物館や宮良殿内が徒歩圏内にあるから、観光をしたあとに立ち寄りやすい立地です。定休日は水曜日で、開店時間は午後5時です。お肉がなくなったらお店を閉める方針をとっていますし、予約をしないとまず入れない人気店ですから、早い時間の予約をとるのがオススメです。
炭火を使って七輪で焼く伝統的なスタイルで、お肉のメニューはオーソドックスなものが多いです。石垣牛の魅力を堪能するために食べてもらいたいのは上ロースや上カルビといった定番で、柔らかさや旨味、脂の甘さなどがよくわかります。ねぎタンやねぎしゃぶなど、オニオンスライスが入ったメニューが多いことも特徴で、焼肉にはねぎが欠かせない、という思想のねぎ好きにぜひ食べてもらいたいです。とくに焼きしゃぶは七輪であぶるとお肉の表面が香ばしく、オニオンスライスの辛さとマッチします。
お肉以外のフードメニューは、まずサラダやキムチ盛り合わなどの野菜のものがあります。さらにスープやおにぎりなど鶏粥なども用意されています。お酒は、沖縄を代表するブランドのオリオンビールはもちろんのこと、石垣島の地ビールがあります。さらに地元の泡盛である八重泉、ワインも取り扱っています。

石垣島たきうち牧場浜崎本店

2軒目は石垣島たきうち牧場浜崎本店です。炭火焼肉やまもとと近い場所にありますが、駐車場がないので自動車移動の人は注意が必要です。営業時間は午前11時30分から午後11まで、定休日は原則として木曜日です。店内は広々とした雰囲気で、座敷や禁煙席があるから子供連れにも利用しやすいお店です。
店名に牧場という単語が入っていることからもわかるとおり、牧場が経営しています。ですから特徴はもちろん牛肉の質で、ステーキと焼き肉の療法を提供していることも魅力です。そしてハンバーグやホルモンなどのメニューも取り扱っています。
新鮮なお肉はジューシーで適度に脂がのっているから、噛むと旨味と甘味の両方が口の中で広がります。テーブルには石垣の塩が常備されている点も素敵で、純粋に石垣牛の味を知りたい人はまず塩からいくのオススメです。頼み方によってはステーキと焼き肉、ハンバーグ全部を食べることも可能なので、食いしん坊さんはぜひチャレンジしてみてください。
牛肉以外にもイカやホタテなどの海産物も楽しめますし、唐揚げやフライドポテトなどの定番サイドメニューもそろっています。お酒は石垣島の泡盛と地ビールがあることが特徴です。

山ちゃんの部屋

3軒目は美崎町にある山ちゃんの部屋です。前述の炭火焼肉やまもとと石垣島たきうち牧場浜崎本店はプレミアムビーフを中心に提供するお店でしたが、ここはホルモンを中心に出す庶民的なお店です。店先の赤い提灯もいい雰囲気です。定休日はなく、営業時間は午前11時から午後3時までと午後5時から午後11時30分までです。メニューには自家製の味噌ダレに漬け込んだホルモンがたくさん並んでいて、1500円のホルモンミックスはリーズナブルです。またビビンバやクッパ、テールスープなどホルモン店の定番が並んでいることも印象的です。野菜はサラダやサニーレタス、冷やしトマトなどの熱いホルモンと合うものが充実しています。お酒は地元泡盛の八重泉と請福があるうえに、請福の梅酒も提供中です。

元のページを表示 ≫

関連する記事

関連する記事

島のブランド石垣牛を堪能!オススメお店3選!」に関連するキーワード

「島のブランド石垣牛を堪能!オススメお店3選!」のライター