お部屋を北欧風のイメチェンしてみませんか?!

北欧と言えば、部屋の基調はホワイト、そしてインテリアは木を使った家具です。

今回は『壁』のイメチェンです!

低い予算で楽しくDIYで自宅を自分の手でリフォームしてみます。

壁紙を剥がして新しくするのが手っ取り早いですが、私の家は昔ながらの砂壁ですので『白いペンキ』をホームセンターで購入し塗る事にします。
gettyimages (19319)

ペンキにも色々種類があって、いわゆる健康塗料があったりします。

有害物質はなくて、逆に有害物質を吸収してくれるタイプがあります。こちらを購入し仕事休みの日に少しずつ仕上げていきます。

私の壁のDIY報告♡

完璧に仕上げるならば、今の壁をグラインダーなどで削り落としてからの方がキレイになるそうですが、時間も予算も無い中で北欧調にするならば必殺「直接塗ってみる!」です。

gettyimages (19315)

賃貸のお部屋の場合直接塗る事は難しいですが、塗り替えが可能な状況であれば業者の方に頼むよりも、自分でDIYした方がコストも抑えられますし、なにより楽しいです♪
gettyimages (19318)

やってみると意外にイケます!

下地が昔ながらの砂壁なので良かったです。

1回塗では雰囲気が出ないです。最低でも3度塗りをすると雰囲気が出てきます。

塗料は3~5日くらいで乾いてくれるのですが、作業中は他の部屋で生活した方が良いです。

週に1回、3時間くらいの時間があれば部屋の大きさにもよりますが1か月あれば壁は全体的に白く出来ます。

gettyimages (19321)

楽しくてやりだすとつい夢中になって止まらなくなり乾いていない内に2度塗り目に入りたくなりますが我慢するしかないです。

1度塗り目がしっかりと乾いてから2度塗り目に入った方が仕上がりが確実に違います。
gettyimages (19322)

最後の3度塗り目くらいになってみると部屋全体が北欧調になっていますので、これが出来たら木目調のインテリアのイメージも湧きやすくなります。

作業を進めていくと少しずつ部屋の中が明るい雰囲気になってきます。DIYはハッキリ言って面白いし遣り甲斐があります。

DIYは、毎日ワクワクした気持ちになります♡何をするのにも計画が大切です!

塗るべき壁が全体で何平米あるかが分かればホームセンターで購入する塗料の容量や壁紙のサイズも決めやすくなります。

買ってきて作業中に「足りない!」という事が無いようにした方が良いです。

途中で作業が止まると、とてもテンションが下がります。

賃貸でも諦めないで!!

今は賃貸のお部屋でも原状回復が簡単にできる壁紙なども販売されているので是非お試しください!

gettyimages (19336)

白を基調とした壁の一面だけお気に入りの壁紙を貼るなんてアレンジも素敵ですね♡

部屋の壁をイメチェンする事さえ決まれば、最初にやるべき事は部屋の壁の大きさをしっかりと測っていく事です。

裏技1☆ホッチキスで壁紙を貼る

裏技1☆ホッチキスで壁紙を貼る

ホッチキスで止めるだけ
のりなしの壁紙をホッチキスで壁付け。

現状復帰も数秒でOK!
もともとの壁紙の汚れ防止にもなって、一石二鳥です。
普通ホッチキス程度のピン穴は敷金返還には影響ありません。

アクセントウォールに最適!
ホッチキスで留めるというアイディア!!小さな穴で元の壁紙が汚れるのも防げるなんて目から鱗ですね!
裏技2☆マスキングテープ+両面テープで貼る

裏技2☆マスキングテープ+両面テープで貼る

こちらは、壁紙にマスキングテープを貼った上に、両面テープで貼るというもの。ただし、部屋や壁紙の状態によって綺麗にはがせないという事もあるようなので注意も必要!
マスキングテープで貼る
マスキングテープの上に両面テープを重ねて貼りつける方法。
マスキングテープを剥がせば、のりが壁に残らず原状復帰できます。

※下地によっては粘着力が不十分になる場合や、逆にテープが剥がしにくい場合があるので注意してください。
gettyimages (19325)

是非自分で居心地の良い空間のイメージを膨らませてDIYに挑戦してみてくださいね!

関連する記事

部屋を北欧風にイメチェン!おしゃれなDIY術♪」に関連するキーワード

「部屋を北欧風にイメチェン!おしゃれなDIY術♪」のライター