目次

日頃から美意識を高く持つ女性たちにとって、スキンケアもメイクも美しくなるために欠かせません。

でも本当の意味で肌も見た目も美しくするためには、外側からのケアだけではなく、内側からの立て直しが必要です。

gettyimages (50872)

腸と美肌の関係は大変深いものがあり、腸内が良い状態ではないと、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

肌の美しさを健康を高めるためにも必要なのは、何よりも腸の働きを順調に整えること、腸内環境を清浄化させることが先決です。

人間の腸にはおよそ7割ほどの免疫細胞が宿っていますので、ウィルスや細菌アド有害な菌を退治して、身体の中へ吸収をさせません。

gettyimages (50881)

神経ネットワークも独自のものがあり排便も消化や吸収まで独自の判断で行われている、脳とは独立の上で働くことのできる部位です。

セロトニンを作り出す割合的にも90%と高く、ハッピーホルモンは心を安定させてくれます。

gettyimages (50880)

腸内細菌が住んでいる場所ですから、善玉菌を多くして健康と美しさのためにも意識を高めたい場所です。

美肌を維持するには腸内環境を整えること、日頃からできる腸活でスッキリとデトックスをすることを意識します!!

美容を目的としても取り入れることができる方法は、良好な腸を保ちために食生活を少しだけ替えること、ポイントさえ押さえれば難しくはありません。

プロバイオティクスが豊富な食品を食べるようにするのは欠かせないことであり、つまり日本人にもなじみがある発酵食品を食べることです。

gettyimages (50883)

昔から和食にはみそや納豆にぬか漬けなどが含まれるので、とても身近な食品ばかりですし、甘酒やヨーグルトにキムチ乳酸菌飲料など、意外と気軽に口にできる食品が多いです。

特に取り入れたいのがお味噌汁であり、野菜や海藻にきのこなど具材を多く入れたお味噌汁は、不足しがちな栄養を補うことができます。

gettyimages (50886)

冷え性を改善するためにも良いですし、温かいお味噌汁は芯から体を温めてくれるマストなメニューです。

お腹の中の腸内細菌のエサとなってくれるプレバイオティクスは、オリゴ糖や植物繊維などが当てはまります。

健康な腸を助けて良い細菌を増やすため大活躍をするので、ゴボウやひじきなど食物繊維豊富な食材を選ぶことです。

善玉菌を増やす半面で、守っていくことも同様に必要であります!!

腸活を邪魔してしまう食品は控えめにします。

スイートなおやつや揚げ菓子に油っぽい食べものなどは、砂糖と脂質ばかりが過剰であり、食物繊維が少なすぎるので、避けるほうが賢いです。

お肉を食べるのであれば、一緒に野菜を食べて食物繊維の摂取を欠かしてはいけません!!

砂糖や油ものがなぜいけないかというと、悪玉菌にとっての大好物だからです。

gettyimages (50906)

腸内の環境は日々食べているもので変わりますので、日頃から食物繊維の多い食品、発酵食品などを意識して食べるようにすること、飲み物はできるだけシンプルな水か白湯を意識します。
gettyimages (50871)

デトックス作用で腸内がキレイになれば、肌も緩やかに良い状態へ変わっていくので、日々努力あるのみです♡

関連する記事

綺麗の秘密??腸と美肌の関係とは・・・?!」に関連するキーワード

「綺麗の秘密??腸と美肌の関係とは・・・?!」のライター