暑さで食欲が低下してしまい夏バテ気味で体調をコントロールできない不調にはうどんが大活躍してくれます。

のどこしのよいうどんが夏バテのレシピとしても最適です。 また節約レシピとしも優秀です。

手軽に食べれるうどんの節約レシピで夏バテを乗り切りましょう。

冷しゃぶうどん

冷しゃぶうどん

『冷しゃぶしゃぶ』と『うどん』を組みあせたレシピ冷しゃぶうどんは夏バテにぴったりなレシピです。
冷しゃぶしゃぶの豚肉にはビタミンB1の栄養素があります。
豚肉に含まれる疲労回復効果で夏バテの不調ともおさらばです。

またさっぱりとした味わいでヘルシーメニューなのも魅力で、すぐに簡単に作れて食べれるのも嬉しいメニューです。

夏野菜や栄養豊富な野菜をたっぷりと加え応用のアレンジ幅も利かすことができます。 レタスやトマト、キュウリなどの野菜を使って冷しゃぶうどんの作り方をみていきます。

1、うどんを茹でる

まずうどんを茹でます。
茹で上がったうどんはざるで水気をきります。
このままでよいですが、冷水で麺をしめることでさらに喉越しがよくなり冷たい食感を楽しむことができます。

2、豚肉を茹でる

茹でた豚肉も用意します。固くなりがちな冷しゃぶのお肉を柔らかく仕上げるポイントをおさえると、美味しい冷しゃぶうどんに仕上がります。ひと手間では有りますが、是非やってみてくださいね。
お肉は脂身の少ない部位のしゃぶしゃぶ用(極薄切り)がおすすめです。
鍋にお水を入れて沸騰させます。しっかり沸騰したら火を止めて水1カップ強と酒大さじ1、塩を2つまみ入れます。(大体70℃くらい)
鍋の大きさにもよりますが、3~5枚程度ずつ茹でましょう。
鍋にお肉を入れたら再び火をつけ極弱火(とろ火)にする。
軽くしゃぶしゃぶしながらお肉全体がピンク色になるまで茹で、バットに上げる。
バットに乗せたお肉が乾燥しないようにラップで覆って、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れて出来上がり。

3、盛り付け皿に麺と野菜、豚肉をトッピングしていきます。

お皿に、茹でたうどんと豚肉、食べやすい大きさに切ったお好みのお野菜を盛りつけていきます。
大葉やあ白ごまなどアクセントとなるトッピングをするのも良いです。

4、タレを作る。

調味料はしゃぶしゃぶ用のゴマタレ約大さじ2杯にポン酢を50ccから70ccほど加えてつくります。
そこにほんだしで味を調整していきます。
好みの味加減に調整しながらほんだしを加えてください。
ここに半熟卵や生卵を加えてもさらに美味しくできます。

辛みをプラスする調味料を加えるアレンジは食欲を促進してくれます。

美容や健康に良い納豆やアボカドも加えるなどしたさまざまな食材でぜひトライする価値ありです。

食材選びのポイント!

体の熱をとってくれる食材を選択するのも有効です。

使う食材や、タレの味をかえる事で飽きずにいろいろなバリエーションが楽しめる
魅力もあります♪

冷蔵庫に余った食材を利用して作ると節約にもつながります。
食欲を取り戻し夏をおもいっきりエンジョイしましょう!

関連する記事

美味しくお安く夏バテを回避!「うどん」を使った健康節約レシピ」に関連するキーワード

「美味しくお安く夏バテを回避!「うどん」を使った健康節約レシピ」のライター