2017年4月14日 更新

【あさイチ】熊本名産・高菜とあか牛でGWはおうちゴハンを楽しもう

大自然の宝庫・熊本の名産に迫ります。

324 view お気に入り 0

魅力満載の熊本はこれからが観光の本番を迎えます

心洗われる絶景・名物トロッコ列車そして名産『高菜』やヘ...

心洗われる絶景・名物トロッコ列車そして名産『高菜』やヘルシーかつジューシーな『あか牛』などなど、魅力満載の熊本。

地元名産の「高菜」と「あか牛」

高菜

 (31465)

阿蘇特産「阿蘇たかな」は、高冷地独特の気象と火山灰土壌という条件下で栽培されるので、とても柔らかく美味しいのが特長です。

あか牛

熊本県内で12カ月以上肥育された褐毛和牛の牛肉で、霜降...

熊本県内で12カ月以上肥育された褐毛和牛の牛肉で、霜降りの度合い(BMS)2以上のものが「くまもとあか牛」となります。(JA熊本県経済農業協同組合連合会畜産部HPより抜粋)

「高菜」で美味しい楽しいおうちゴハン

高菜めし

熊本の郷土料理の高菜めしは、チャーハンと違ってゴハンは...

熊本の郷土料理の高菜めしは、チャーハンと違ってゴハンは炒めません。 あったかいご飯に味付け高菜を混ぜるだけですが、リピートせずにいられない美味しさです!! ご飯を炒めないので、やわらかいご飯の食感を味わえるところも美味しさのポイントです。レシピサイト・Nadia「熊本郷土料理 高菜めし」より

作り方
下準備・米は炊いておきます。
高菜漬けは汁気を軽く絞って、大きければ包丁で刻みます。

1 フライパンを熱してサラダ油を薄く引いて、溶きほぐした卵を流しいれ、薄焼き卵を作ります。
取りだし 冷めたらせん切りにします。

2 フライパンにごま油を熱して、高菜漬けを炒めます。
A砂糖 大さじ1/2、醤油 大さじ1/2、酒 大さじ1で味付けし、白ごまを加え混ぜます。
3 炊きあがったご飯に2を混ぜ込み、器に盛り付け、薄焼き卵をのせます。
おこのみで、もみ海苔や紅ショウガをのせます。
調理時間10分も、忙しいGWには魅力のレシピですね(米の炊飯時間は除きます)

冷しゃぶ高菜の冷製パスタ

ピリ辛が絶妙の「刻み高菜」を絡めた冷製パスタ

ピリ辛が絶妙の「刻み高菜」を絡めた冷製パスタ

レシピ詳細はこちら➡https://cookpad.com/recipe/2768174

にんにく・ショウガ・お好みでラー油の量も調節して、ピリ辛風味のおしゃれレシピ。こちらも、家族や友人が集まるGWのランチメニューにぴったりですね。白ワインや冷酒にもマッチ。

阿蘇高菜のおにぎり

刻んだ高菜に七味唐辛子を加えたおむすびころりん

刻んだ高菜に七味唐辛子を加えたおむすびころりん

ひとくちサイズで作るのもよし。大きなまあるいおむすびもまた楽しい、お昼のひと時に。熱いほうじ茶もマッチします。
レシピ詳細はこちら➡https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1440006501/
28 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪



【あさイチ】女優・浅丘ルリ子さんの圧倒的な美しさを学ぶ

【あさイチ】女優・浅丘ルリ子さんの圧倒的な美しさを学ぶ

14歳でデビューされ、今も一線で活躍されている浅丘ルリ子さんの「カッコイイ生き方」「オシャレなセンス」の魅力に迫ります。
桜子 | 621 view
【あさイチ】吉田鋼太郎さんの結婚から「年の離れた男性」との恋愛・結婚を考察する

【あさイチ】吉田鋼太郎さんの結婚から「年の離れた男性」との恋愛・結婚を考察する

花子とアンで一躍人気者となった吉田鋼太郎さんの奥様は22才年下。実際、年の離れた男性との結婚て、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
桜子 | 692 view
【インドア派でも大丈夫!】美しさをチャージしにワイナリーに出かけよう

【インドア派でも大丈夫!】美しさをチャージしにワイナリーに出かけよう

日々の喧騒で女性の心身は想像以上に疲労が溜まっているもの。綺麗で元気溌剌でいたいから自然と触れ合ってみたいけれど、アウトドアは苦手。そんなオトナ女子は意外と多いものです。そんな時はワイナリーへオトナの遠足が効きますよ。
Miho Hirano | 6,540 view
【あさイチ】あなたにとってのソウルフードはなんですか?

【あさイチ】あなたにとってのソウルフードはなんですか?

【あさイチ】広島の隠れたソウルフード「イカ天」。なんとも懐かしい響きです。あなたのソウルフードはなんですか?みんなの心に浮かびそうな「ソウルフード」をいくつかピックアップしてみました。
桜子 | 269 view
【あさイチ】有機栽培ベジタブルで、からだの中から「オトナ美」を磨く

【あさイチ】有機栽培ベジタブルで、からだの中から「オトナ美」を磨く

「有機栽培とは、作物を育てる特別な方法ではなく、畑やその土壌を活力ある自然の仕組みに近づけること」と仰る佐倉朗夫さん。有機栽培で作られた野菜で、体の中からキレイを目指し、本来の「オトナ美」を磨きたいですね。
桜子 | 213 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

桜子 桜子




【月間ランキング・TOP30 】はこちら

DECIEL~デシェル~

自由が丘〜kalaku〜