目次

アイメイクはオトナ女子にとって欠かせないものといえます。

ナチュラルメイクを意識している人であっても、アイシャドウやマスカラを使うだけで、目元の印象はガラッとかわるものです。

近年ではまつ毛パーマだけでナチュラルメイクをしたり、つけまつ毛を使う人も多いですが、アイメイクをするにあたり、まつ毛には大きな負担がかかっています。

まつ毛がダメージを受けるものとして、一つ目にビューラーがあげられます。

マスカラやつけまつ毛をつける時にビューラーを使う人も多いでしょう。

ビューラーは使っているうちにゴムの部分が劣化、そのまま使い続けると、まつ毛には大きな負担がかかります。

ビューラーのゴムはこまめに確認し交換するようにしましょう!!

またゴムの劣化にも気をつけたいところ。ゴム部分は数十円〜数百円で手に入ります。ゴムが凹んできたり、カールがかかりにくくなったら、こまめに取り替えることをおすすめします。
via http://xn--18j9a9d5j5hz50rmqlx58avu7a.com/trouble/daily.html
gettyimages (14576)

まつ毛に負担をかけない使い方もマスターしてくださいね!
代表的なのが、ビューラーの間違った使い方。ビューラーについた1~2本のまつげを見てガックリした経験はありませんか?まつ毛を守る最大のポイントは力加減。強く一気にカールさせるのではなく、弱い力で数回にわけてカールを作っていきましょう。
via http://xn--18j9a9d5j5hz50rmqlx58avu7a.com/trouble/daily.html

2つ目にクレンジングがあげられます。

マスカラやアイラインはメイクを落とすのが大変です。

メイクが落ちないからといってこするように落とすと、まつ毛を傷めるだけでなく、まぶたをも傷めてしまいます。

メイク落としは、サッと簡単に落ちるものを選ぶようにしましょう。
メイク落しも慎重に

毎晩行なうメイク落としにも危険が潜んでいます。特にウォータープルーフのマスカラなど、頑固なマスカラをゴシゴシとこすりながら落とそうとすると、まつ毛が抜けたり傷んでしまいます。最近の滲みにくくお湯で落とせるタイプのものに変えるだけでもまつけへの負担は軽減されると思います。
via http://xn--18j9a9d5j5hz50rmqlx58avu7a.com/trouble/daily.html

3つ目は、つけまつ毛による、自まつ毛の負担も大きいものです。

つけまつ毛は専用の接着剤を使用し、つけまつ毛の重さも負担がかかっているといえます。

 (14591)

歌になったり、有名人がプロデュースしたりとあって、より、身近なアイテムとなっている『つけまつげ』
 (14598)

舞川あいくさんプロデュースのつけまとわかりにくいナチュラルなつけまなどもあり、大人女子でも利用している方も多いですよね。

さらに最も負担がかかるのがはずす時です。

向きなども考えずに引っ張ってはずす人もいるかと思いますが、引っ張ることにより自まつ毛は抜け、まぶたも引っ張られて目元に悪影響を及ぼします。

目尻からゆっくりとはずすようにしましょう!

つけ睫毛は再利用ができますが、前の接着のり(グルー)が付いたまま使っては、衛生的に良くありません。接着のりは水溶性なので水につけておけば簡単に溶かすことができます。小さめの器に水を張ってつけまつ毛を数分間つけておくと、キレイに取れてまた使えるようになりますよ。
via http://xn--18j9a9d5j5hz50rmqlx58avu7a.com/trouble/glue.html

まつ毛の負担は目元の老化も早めると言われています...

クレンジングによる目元の摩擦やつけまつ毛の接着剤やパーマ液など原因は様々です。

まつげフサフサのおばあちゃんがいない理由

まつ毛がフサフサのおばあちゃんのイラストまつげがぱっちりのおばあちゃんって見た事がないですよね。 なぜならばまつ毛も加齢によって太さを失い、髪と同じようにこしがなくなり、量もへっていきます。年をとると細胞分裂に時間がかかるようになり、新しく生え変わるまつげよりも抜けるまつげの方が多くなるからです。毛もほそくなり、スカスカになっていくのです。

おおよそ、25歳くらいから成長期を過ぎた人間はどんどん老化していくことになります。もちろんまつげだって老化していくんです!まつげ美容液を使ってまつげを若々しく保ちたいものです。
via http://matsugenobiru.com/matsuge_biyoueki_aging/

目元周辺の皮膚は体の中で最も皮膚が薄く、刺激を受けやすい部分です。

そのためシミやたるみ、しわなどのトラブルにもつながるので、目元のスキンケアも十分に行う必要があります。

まつ毛のケアとして最も効果的なのが、まつ毛美容液を使うことです♡

まつ毛美容液にはまつ毛育毛に必要な成分が凝縮され、使うことで健康になるのです。

 (14608)

まつげ美容液でまつげを元気にする為の基礎知識

人間の体毛には「毛周期」というものが存在し、「成長期」から「退行期」へ、そして「休止期」という3つの段階を経て、抜けては生えてと新旧交代を繰り返しています。
毛周期の説明
エステサロンやクリニックで脱毛する場合は成長期もしくは退行期に行うと効率が良いとされ、一つの部位を完全に脱毛するのに何年もかかってしまうのもそのためです。 まつげにだって毛周期があります。頭髪が2年から6年なのに対し、まつげは早くて1ヶ月~4ヶ月で生え変わっています。まつげ美容液は成長期の毛に効かせる為に毎日塗るのです。
via http://matsugenobiru.com/matsuge_biyoueki_aging/
istockphoto (14616)

またまつ毛の量が増えたり、長くなるといった効果も期待できるのです。
若い頃はアイメイクをしなくてもすんでいたのに30代半ばごろからアイメイクをしっかりしないとボヤっとした印象になってしまうような気がしていませんか?もちろんケアは早めにした方がいいにきまっていますがまつげ美容液は若い女性のものじゃないんです。

なんとなく目ぢからがなくなったと感じている女性のみなさんまつげ美容液をぜひ試してみてください。
via http://matsugenobiru.com/matsuge_biyoueki_aging/
gettyimages (14565)

しっかりケアして、いつまでも若々しい目元をキープしたいですね!!

関連する記事

ナチュラルメイクには欠かせない自まつ毛のケアできてる??」に関連するキーワード

「ナチュラルメイクには欠かせない自まつ毛のケアできてる??」のライター