テカリ肌は余計な皮脂で肌がベタベタするので、清潔感がないように見られます。

皮脂が毛穴に詰まると炎症を起こしてニキビを作りやすいので、テカリ肌を改善する方法を実践すると良いです。
女性の肌は加齢によって水分量が減ります。

肌がベタベタするからといって、肌内部が潤っているとは限りません。

テカリ肌を避けるために何回も洗顔するのは禁物です。

gettyimages (1120)

ごしごしと顔を洗えば、たくさんの皮脂が落ちますが、乾燥しすぎて余計に分泌量が増えてしまいます。
gettyimages (1121)

洗いすぎや摩擦で肌を傷つけたり、保湿をしなかったりすると、肌を守るために角質層が分厚くなります。
gettyimages (1119)

角質層の柔軟さが失われると毛穴トラブルが増えるので、洗顔は1日朝と晩の2回でその後はしっかりと保湿することが大切です。
thinkstock (1125)

皮膚が硬くてゴワゴワしている人は、肌内部は乾燥しているので保湿力の高い化粧水や美容液、乳液を付けます。

ヒアルロン酸やエラスチン、セラミドなどが肌内部の潤いを守ります。

メイクをする前も化粧水と乳液の保湿をしてから、化粧下地を少なめにします。

特に小鼻はファンデーションがよれやすいので、化粧下地は顔全体に薄く伸ばす程度です。
塗りすぎた時はティッシュを軽く押さえます。
gettyimages (1138)

ファンデーションは、皮脂を除去する成分が多いパウダータイプを使います。
gettyimages (1137)

毛穴や産毛と向きと反対方向にパフを滑らせてパウダーを付けると、肌に密着するのでテカリ肌防止になります。
厚塗りはテカリ肌につながるため、薄く塗るのがポイントです。
gettyimages (1139)

メイク直しであぶらとり紙はたくさんの皮脂を取りすぎるため、ティッシュやコットンで軽く油分をオフするのが良いです。ティッシュだとツヤ感を残しながら、パウダーを付着させやすい肌になります。
gettyimages (1145)

クレンジングでオイルを使用するのは、アイメイクなど濃い部分だけです。
オイルクレンジングよりも専用のミルクやクリームでメイクを落とす方が、肌への刺激が小さく乾燥を予防できます。

優しくクレンジングしたら、保湿を忘れないようにします。

夏本番、テカリ肌に困らない為にも改善方法を習慣にしてみてくださいね!

関連する記事

脂っぽさとはサヨナラ!夏前に知っておくべきテカリ肌の改善方法」に関連するキーワード

「脂っぽさとはサヨナラ!夏前に知っておくべきテカリ肌の改善方法」のライター