目次

『優しげメイク』を習得して雰囲気美人のモテる女子になりましょう♡

すごい美人なわけでもないし、スタイルがモデル並みってわけでもないのに、なぜか素敵で魅力的な美人さんっていますね。

いつも笑顔でいたり、しぐさや姿勢がきれいで清潔感がある人、言葉遣いが綺麗な人も雰囲気美人と言えるでしょう。

所作は習得すればよいので後はメイクです!

女性はメイクの仕方一つで雰囲気が変わります。

メイクにあわせてファッションも変わるため、別人のように見えたりします。

それが楽しいのが女性ですね。

まず、ファンデーションです。

最近はBBクリームもありますのでそちらをお使いの方も同じですが、最初にコントロールカラーの紫を塗ります。

これを塗ることで透明感が出て、ファンデーションの厚塗りをしなくても済みます。

優しげメイクに透明感は必須です。

ファンデーションを塗り終わったらハイライトを入れます。

Tゾーンと頬と顎に黄色がかった、クリーム系の色をのせます。ファンデーションと同じく塗り過ぎは禁物です。

肌を若々しく見せるなら、ファンデーションを塗り込んであれこれ隠すよりも、部分的にハイライトを足した方がずっと効果的。微粒子パールの繊細な光がつるんとした輝きを放つので、内側から潤いがみなぎるキメ細かな肌を演出することができます。目周りと口角に狙いを定めてのせると、より澄んだ肌印象に!

優しげメイクのポイントはアイメイク♡

アイシャドウは優しいオレンジベースの色を選びます。

すっぴんのような雰囲気を目指しますので肌色に近いオレンジが良いのです。

まつ毛の上にダークカラー、その上にミドルカラー、ライトカラーとぼんやりとぼかしましょう。

アイラインは上はしっかりといれ、下は止めておきましょう。

ビューラーで根元からまつ毛をあげます。

強めに数回で根元をあげたら少しづつずらしてカールをつけ、毛先はほんの少しカールさせるかストレートのままにします。

gettyimages (22870)

マスカラはヒジキのようになってしまっては台無しなので、カールをキープできる程度1度か2度ほどで終了します。

チークはアイシャドウと同じくオレンジ系でアイシャドウよりは気持ち濃い目がよいです。

 (22868)

目にあわせてほんのりとのせます。

リップはまず、リップコンシーラーで素の色を消してからのせましょう。

真っ赤なルージュも可愛いですが、あくまでも優しげメイクでモテるを目指すのでこちらも優しいサーモンピンク系、オレンジ系、ピンク系などを選びます。

全体にぬったら真ん中を濃い目にします。

唇がプルンと立体的になります。

これで雰囲気美人の出来上がりです。

関連する記事

『優しげメイク』を手に入れて雰囲気美人なモテる女に♡」に関連するキーワード

「『優しげメイク』を手に入れて雰囲気美人なモテる女に♡」のライター