目次

定番のネイルデザインのひとつ、ストライプ柄。これにマット加工をプラスすると、適度にカジュアルなだけでなく、上品で素敵なネイルに仕上げられます。セレクトするカラーや描くラインの幅、向きによってデザインの雰囲気を変えられるのも嬉しいポイント。この記事では、ストライプ×マット加工でアートする上品寄りのネイルデザインをご紹介します。

スキンカラーのストライプ×マットネイルで上品に

OCO nail

OCO nail

オフィスシーンでも使いやすい、スキンカラーを使ったストライプネイル。スキンカラーでベースをカラーリングした上に極細のストライプラインをアートしたり、幅の異なるラインをアートしたマルチストライプデザインにしたり…というように、様々なデザインがありますよね。

そんな、スキンカラーのストライプネイルにマット加工をプラスしてみてはいかがでしょうか。

全く同じデザインでも、艶仕上げとマット仕上げとでは仕上がりの雰囲気がかなり変わってきますよ♪スキンカラーはメタリックカラーやボルドー、ネイビーとの相性も良好ですので、差し色としてこれらのカラーを使ってみるのもおすすめです。
LAURA POMPONNEE 表参道

LAURA POMPONNEE 表参道

ダークカラーもマット加工により上品な質感に♪

coconail (愛知・半田)

coconail (愛知・半田)

ブラックやネイビー、ブラウンといったダークカラー。お洒落な色味ではあるのですが、ネイルに使うと派手になってしまうことがありますよね。
どのようなストライプラインを描くのかにもよりますが、例えばブラックのストライプネイルを艶仕上げにすると、かなりカジュアルで個性的な印象を与えてしまう場合があります。

そこでおすすめしたいのが、仕上げにマット加工をプラスするという方法。
マット加工により表面の艶を消すと、ダークカラーが肌色になじみ上品な仕上がりになるのです。

ポイントで金古美カラーのスタッズをあしらってアンティークテイストなデザインにしたり、パールをプラスして大人可愛いデザインにしたり…というように色々なアレンジを楽しんでくださいね!
Nail Gina

Nail Gina

ななめストライプ×マットネイルで大人カジュアルに

GRACENAIL 鶴橋

GRACENAIL 鶴橋

ストライプ×マットネイルは、ななめストライプをアートしても素敵なデザインになります。

例えば、爪の上半分にカラフルな斜めストライプ柄をアートし、仕上げにマット加工をプラスするデザインはいかがでしょうか。爪数本を斜めストライプに、残りの爪をスキンカラーのハーフフレンチにした上品なデザインにしたり、爪5本全てを異なる色の斜めフレンチにしてカジュアルなデザインにしたり…。アイディア次第で色々なデザインを作れそうですよね!


Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

関連する記事

上品ストライプネイルの秘訣は《マット加工》にあり!」に関連するキーワード

「上品ストライプネイルの秘訣は《マット加工》にあり!」のライター